食材宅配8社を本気で比較した結果。らでぃっしゅぼーや歴9年ママ、農薬・放射能・遺伝子組み換え・添加物基準を調べる

一番基準がしっかりして野菜がおいしい食材宅配サービスはどこ?

ここだけの話・・・

私は人よりちょっと神経質に
「子どもの健康に関する心配はなくしたい」「特に体に入るものの安全は確保したい!」
などなど調べちゃう、心配性ママです(^^;)

なんなら妊娠中から検索魔!

特に、子どものことを考えはじめてからは
無農薬などの体が喜ぶ野菜や、食の安全を求めるようになりました。

あなたは、お子さんや家族、そしてあなた自身の体のために

安全でおいしい野菜が食べられる宅配サービスに入りたい!

野菜だけじゃなくお肉も卵もお惣菜も、毎日の食事で体にいれるものは
原材料が安全で体に優しく、美味しいものを選びたい!

って考えることってありませんか?

私がそうでした。

スーパーって、安いのはいいけれど

遺伝子組み換え飼料や抗生剤入りのエサで育った鶏の肉や卵、

発色剤の入った豚肉牛肉、

狭くてストレスの高い環境で飼育された牛の牛乳、

添加物たっぷりの安い加工食品・・・

全てがそうではないかもしれないけれど、スーパーで並んでいるものの多くがそのような印象で。

厳選した食材の宅配を選ぶと
お値段がスーパーと同じ安さにはならないこともありますが・・

「健康の基盤」代というのかな。

子どもや家族、自分の長い健康のために必要だな
って私は思っています。

(といっても、私も家計のために食費は気にする主婦。
でも「とにかく安いもので週5000円に抑えるのが生きがい」という方向じゃなくて、
スーパーより少し高くても遺伝子組み換えを使っていない商品を選びたい
って考えるタイプです !(*’ω’*) )

私の場合、野菜の農薬が気になるのはもちろんだけど、
子どものためにも食材の放射能や遺伝子組み換えのリスクも、避けていきたい!
って思いが強いです。

形や大きさの見栄えのためだけに「薬品」が使われて体に入るなら
形がふぞろいでも全然いいし

野菜の消毒とクレーム防止のために次亜塩素酸・・とか、
本音「めっちゃ嫌」って思っちゃう ^^;

商品をくるっと裏返して、思わず原材料に
遺伝子組み換え食品や発がん物質みたいな添加物がないかチェックもしちゃいます。

↑でもそこまで詳しくないから、見て簡単に判断できる力はないっていう(*´з`) ←知識量が残念

野菜やきのこ、乳児食品に含まれる放射能だって、

震災からだいぶたって「ものすごくヤバイ」わけじゃないんだろうな
とはなんとなく感じつつも、
でも全てがゼロじゃないんだろうなって不安になるから

国より厳しい基準の放射能検査をして、
パスした食材しか売らない宅配サービスがあるなら、そこから買いたい
んです。

スーパーだとなかなか難しいですが

無農薬野菜や、無添加の食材が安定的に手に入る食材宅配サービスなら、

  • 「ここから買えば不必要な薬剤・不自然な原材料は使われてない!」という安心感と
  • 「いちいちスーパーに行かなくても家で待ってれば届く!」という楽さと
  • 何より素材そのもののおいしさ(=毎食の幸せ)

を手に入れられる♡

これが、私が毎週注文して届く食材宅配を

妊娠前から9年も、利用している理由です。

たまに外食や市販のものを食べることはあっても、あるからこそ、

私は、毎日の基本の食材は
体にいいものを選びたいな

って。

ただ、食材宅配サービスって複数あって

「食の安全についてはどこがどんな点で、良い?」
「ぶっちゃけ使いやすさはどこが一番なんだろう」
っていうのが分かりづらいんですよね。

そして、いざ
「食材宅配の農薬や安全基準って実際どうなの?」と検索しても

幅広く&細かく&本当に納得できる各社比較が
分かりやすく載っているページって・・・ほぼなくないですか?

ママA子

ある特定の宅配ついて、公式と同じ簡単な情報を載せて
「そういうわけで安心!」「農薬に気を使っている!」って結論にしてるページは、けっこうあるけど・・・
ほかと厳密な比較をしてないから、どうも納得できないかも

ということで私!

ただの「安全で美味しい」を求める一主婦、そして
ただの子どもの健康のためなら細かいところまで追求しちゃう二児ママなんですけど

8社の食材宅配を、色んな角度で調べぬきました!

・・その分ね、この記事めっちゃ長くなっちゃいました(^^;)
(なので、読みたいところだけサラッと読んでね!)

その結果ですが、

パルシステム、オイシックス、生活クラブなど、8社の
農薬・放射能・遺伝子組み換え・添加物・・・
各安全基準や品ぞろえ、お値段などを調査・比較して

さらに口コミや自分が利用した使いやすさとあわせて

私が、宅配サービスの1位に選んだのが、らでぃっしゅぼーやです。

特に、お子さんのためなどで
美味しい野菜が食べたい!と思ってる方にはおすすめ!

  • 野菜が安心で、スーパーと比べ物にならないほど美味しいこと
  • 農薬以外の遺伝子組み換え・放射能・
    添加物などの安全基準が高いこと
  • 食材のカテゴリーや商品数が多く、子どものいる家庭に使い勝手がいいこと

を全て叶えてくれるのは、数ある食材宅配のなかでも
らでぃっしゅぼーやだけだったから。

私の場合は、今
らでぃっしゅぼーや・生活クラブ・地域の東都生協の3本使いをしているわけですが

らでぃっしゅぼーやの野菜の味は、ずば抜けて美味しいです。

ちなみに私は、野菜が選ばれて送られてくる「ぱれっと」でなく
毎週、子どもたちの好みや予定に合わせて自分で野菜を選べる単品注文で、ずっと利用しています。

うちの娘も、らでぃっしゅぼーやのおかげで
離乳食段階から野菜が大好き(*´ω`*)

コトコト煮た野菜を何十gも出してる時点で
すでになかなかの量なのに
一番に野菜料理に手を付けて完食 → まだおかわりして食べるの!?
ってくらいよく食べていました。

離乳食って、変な調味料も使わず薄味だから
素材の味(野菜そのものの味と質)がダイレクトに赤ちゃんの舌に響くのかも。

らでぃっしゅぼーやは
野菜はもちろんですが、全体的に子どももパクパクと食べる美味しい商品が多いです。

お惣菜も美味しいから、
疲れ切って夕飯はレンチンで・・って日も
少しも罪悪感なく子どもに出せて、子どもも喜ぶ

これってすごく幸せです。
 らでぃっしゅぼーやのお惣菜って私にとっても「ご馳走」状態で、食べるのが楽しみ!

ちなみに、らでぃっしゅぼーやのような
置き配をしてくれる食材宅配を使うと
買い物に出かける負担がゼロになって、かなり楽になります。

妊娠中、赤ちゃん連れ、幼児連れでの買い物って
めっちゃ面倒だし辛いしメンタルも体力も削られませんか?

私自身が経験アリなので強く思うのですが、

妊娠中や産後、小さい子どもを抱えているママこそ
毎週のスーパーへの買い出しをする必要がなく、家で完結する生活にできる
宅配サービスを利用してほしいです。

  • 子どもを横目に見ながらスマホで10分で注文
  • 届く日は、置き配にしてもらい、
    好きなタイミングで、誰にも会わずに玄関から冷蔵庫まで運ぶだけ♡

と、一週間の食材の調達がすべて家でできるのは
時間面でも体力面でも、圧倒的お得♡

私の場合、私が小学生のころから母がずっと、生活クラブを使っていたので
食材宅配の良さや楽さが、当たり前の体感として日常にあって

妊活をきっかけに
自分でも9年ほど前に、らでぃっしゅぼーやと生活クラブに入り
私が「安心食材の宅配」の良さに触れているのは25年以上!

そんな私の結論が、ずばり
食の安全を気にするママなら、一刻も早く
「安全で楽で、美味しくて幸せ!」な食生活を手に入れた方がいい

ということです。

というわけで

今回、徹底的に8社の安全基準などを比較した結果と
私自身が使っている感想とあわせて、

もし食材宅配を始めるなら、まずらでぃっしゅぼーやを始めてみることを
私がおすすめしたいのはこんな方!

味の濃くて美味しい無農薬(・減農薬・有機)野菜重視で

農薬だけでない放射能や遺伝子組み換えや添加物の安全基準がちゃんとしている宅配を選びたくて

買い出しに行く手間から解放されたいママ(or ママ候補)

今から一つずつ説明していきますが、らでぃっしゅぼーやの結果は
正直・・・ずば抜けてました。

この比較を、もっと知られてもいいのに、と思いました。
※今から詳しく書きますが、
8社から調査をはじめて、1社しか残りませんでした(^^;)

あ、野菜の「格別さ」をそこまで重視しないなら、生活クラブもいいです。

(ちなみに私の場合、普段の食材は基本的にらでぃっしゅぼーやと生活クラブですませて、
特定のお気に入り商品だけ(毎週2000円台とか)生協で買っている生活!)

では

なぜ野菜が美味しそうなココノミやビオマルシェでなく、らでぃっしゅぼーやなのか?

食の安全面もちゃんとしていそうなパルシステムや地域の生協ではない理由は?

食材宅配サービスの各社の安全基準の細かい比較が知りたい

オイシックス・生活クラブ・らでぃっしゅぼーや3社の使いやすさやデメリットは?

このあたりを今からご説明していきますね。

項目ごとに細かく比較しているため、記事は長くなっていますが
\できるだけシンプルに分かりやすく説明していくので、最後まで読んでいただければ幸いです
♪ /

目次

食材宅配8社比較!商品ラインナップと商品数

今回、私が比較する食材宅配は8社、

パルシステム・らでぃっしゅぼーや・生活クラブ・オイシックス・
大地を守る会・ビオマルシェ・ココノミ・東都生協(地域の生協・コープのイメージとして)です。

各社の「食の安全基準」の比較の前に、

まず食材宅配ごとの「商品の幅(ラインナップ)がどれだけ広いか」を比較します。

というのも、私が妊娠→2人育児までの
9年間ずっと食材宅配を利用し続けて感じたことがありまして。

それをはじめにお伝えしてしまいます。

もしあなたが食材宅配を始めて利用するなら
または併用するとしても、2つ目ぐらいまでなら

断然!
食材の種類も数も多い全食材のカテゴリーのある宅配をおすすめします

ちょっと想像してみてください。

いくら「厳選した有機野菜」とか
「取り扱っているすべての食品は無添加!」って書いてあっても・・

A社→ 牛乳も卵も一種類だけ、魚の取り扱いゼロ。お肉は高級ブランドのひれかロースのみ。お米のカテゴリーを見ると、2kgの白米・玄米と高級レトルトおかゆのみで5㎏のお米はなし

B社→ 牛乳、卵は5種類ずつから選べて、魚もお肉も安いものからちょっと良いものまで10種類以上。乳製品もパンも種類があって毎週チェンジ、子ども向けの無添加ウインナーや離乳食も買える。白米も玄米2kg5㎏も無洗米もある

どちらが普段使いに向いているのかは、歴然!(*´Д`)

ママB美

商品ラインナップの少ない宅配って
わりと高級品ばかりの傾向 もあったりするんですよね・・

今の私自身、
基本的に家で完結する買い出しゼロ生活ができているのは、
利用しているらでぃっしゅぼーやと生活クラブの商品ラインナップが多いおかげだからなんですね。

ちなみに、らでぃっしゅぼーやの商品カテゴリーはこんな感じ!

らでぃっしゅぼーや商品カテゴリーラインナップ
これ、私が毎週開いて使っている、らでぃっしゅぼーやの注文画面です

野菜果物から乾物、調味料まで、それぞれに何十種類もの商品があり、
選べるようになっています。

「基本買い出しゼロ生活」は、選べる商品が多い宅配に入って初めて
実現できるんです。

宅配に入っても結局、
都度、細かい買い物をしに行かないといけないなら、負担は変わらないか増えるようなもの・・

野菜だけ宅配を利用したいとか、併用を考えてる場合も、
基本的に毎週注文するのが、食材宅配なので、

長い期間、毎週注文していくことを考えると、
2つ目くらいまでなら
商品の種類と数が多い宅配の方が、何かと便利なんです。

主婦A子

子どもの遠足や、季節のイベントに
ちょっと買う♪とかもできるし
お弁当のお惣菜を遺伝子組み換えじゃない商品から
自由に選んだりできるって、いい!

「毎週の買い出しがストレス発散になるから、買い物はむしろしたい!」という方は、
はっきり言って食材宅配より買い出しが合うのかもしれません。

でも、そんな方でも
もし妊娠や産後期間の食材宅配を選ぶなら
体に優しい食材を売っている上で、商品ラインナップが多い会社です。

妊娠中。
特に2人目以降の妊娠中の子連れ買い物って・・

出かける準備含めて体力削られすぎませんか(/_;)

そこを、家のソファでお茶飲みながら
好きな時間にスマホで注文完了して

届く日も、特に待機する必要なく玄関前に保冷箱で置いて行ってもらって
自分の好きなタイミングで、誰にも会わずに玄関から冷蔵庫まで運ぶだけ!!

雨の日も重いお米まで届けてくれるというのは
格別の楽さ。
というか、もうそれ以外考えられない。

(そうそう、忙しくて体力を少しでも温存したいママには、
置き配にできる宅配サービスが断然おすすめです!
置き配にしてくれない宅配もあるので。
これもあとで「利用しやすさの比較」でご説明します)

産後だって
置き配してくれてラインナップが多い宅配に入れば、
毎週末にパパに買い物にいってもらうような時間が浮いて、別のことに使えます☆

買い出しの時間と労力が浮くって、
コレ子育てママにとっては
『毎晩の寝かしつけ免除』に近いくらい時間&負担減になるんじゃないか!?

って、実際に買い物の負担がなくなって9年経つ私は
個人的に本気でそう感じてます。

そして、もう一度言うけど、

妊婦さんや産後じゃなくても
買い物の手間をなくして家で子どもの相手をしながら完結させたいママには、
断然、ラインナップと商品数の多い宅配サービスがおすすめ
なんです(*’ω’*)♡

ということで、各社の商品カテゴリー・内容・商品数をがっつり調査してみました!

食材宅配8社の、商品ラインナップや商品数の比較した結果

結論から言ってしまうと、こうなりました。

子育て家族が、毎週いろんな食材を調達するのに十分で、
買い出しゼロ生活ができるラインナップ・商品数がある宅配は、以下の通りでした!

パルシステム
らでぃっしゅぼーや
生活クラブ
オイシックス
東都生協※(地域の生協・コープのイメージ)
大地を守る会

離乳食の取り扱いあり→※印

ちなみに「十分」と判断した、各社のラインナップと商品数の目安は以下の通りです。

【パルシステム・らでぃっしゅぼーや・生活クラブ・オイシックス・東都生協・大地を守る会には、
だいたいこれくらいはあります☆】

野菜→ 葉物果物根菜など全体的にあり  → 6個入り・10個入りなどあり  
→ 豚肉鶏肉は20商品以上、牛肉は10商品以上
→ 切り身・刺身・エビいか・海藻・魚卵・フライなど幅広くあり
牛乳→ 5商品以上&低脂肪などもあり  ヨーグルト →3種以上、カップもプレーンもあり
チーズ →スライス・ピザ用・クリームチーズなど幅広く複数あり
納豆・豆腐・ハム・ベーコン →数種類以上ずつ  お惣菜→和洋中幅広く、40、50商品以上
→ 2㎏だけでなく5㎏袋も数種類以上&無洗米も同様にあり  パン→ 食パン菓子パン含め20商品以上
調味料→ 全体的にあり
他、漬物・ふりかけ・ジャム・バター・缶詰・子供も食べやすい無添加ウインナー・お菓子・シリアル・お弁当用惣菜・レトルトスープ・麺類なども複数から選んで購入可能
※オイシックスは牛肉が3種のみで少ない ※生活クラブの牛乳は1種類(900ml237円)と低脂肪乳のみ 
※大地を守る会はチーズが他より少なめ

↑このくらい揃っていると、まぁ不便を感じず、飽きずに食生活を楽しめるな~って、
妊娠中・産後・子育て中の家族の食材を何年も
食材宅配だけでまかなってきている私の感覚から判断しました(*^-^*)

それに対して、
今回ラインナップ的に厳しい結果になった2社の特色は、以下の通り。
ちょっと厳選少数感が強いことが分かりました。

【ビオマルシェ】

  • 卵→ 平飼い卵6個×2種類のみ
  • 米→ 玄米少量商品が中心で「家族用5㎏を選ぶ」って感じじゃない
  • 肉→ ブランド肉ばかり
  • 魚→ あるが少数
  • チーズ→ ない(ある場合も少数)

ビオマルシェは「野菜がいまいち」という口コミを見かけるのと、年会費5000円が必要なのがさらにネックかも。
ただ調味料は、少数ですが厳選したものばかりで良さそうでした。

【ココノミ】

  • 肉→ なし 肉製品も高級な大人向けソーセージのみ
  • 魚→ なし 魚介製品として、はんぺんだけある・・
  • チーズ・ヨーグルト→ 高級感あるものが数種
  • 調味料→ あるが、醤油はなし
  • 離乳食→ なし

ココノミは野菜が売りなので、野菜のみの利用や「たまにこだわりの品を買う」程度の使い方がいいのかも。
が、あとでお伝えする通りらでぃっしゅぼーやの無農薬・減農薬野菜の質と味は格別なので、さらにココノミより野菜以外のラインナップも多いらでぃっしゅぼーやの方が、子育て世帯には「使いやすさ」で勝つんですよね。
子育て家族が毎週買う量には対応していない印象です。

ママA子

こういう「厳選」「こだわり」宅配サービスは素敵だけど、
正直、子育て家族の食費とメニューの幅的には、普段使いには
キツイのよ・・

ビオマルシェココノミでは
ラインナップ的に「子育て家族の買い物ゼロ生活」の実現は難しい!(厳選少数イメージ)

大地を守る会で、お肉を普段使いできない理由

そしてもう一つ。
ラインナップでは良さそうに見えた大地を守る会ですが・・

私、発見してしまいました。

大地を守る会のお肉は、ちょっと普段使い向きではないということを( ゚Д゚)

ステーキ用とかしゃぶしゃぶ用とか短角牛とか。数はあるけどブランド肉の上質部位ばかりというか・・。
イメージでいうと「品揃えとお値段が、いい焼肉屋さん」!!

【例】大地を守る会のお肉の価格

  • 「短角牛 細切り炒め用」180g1618円税込
  • 「豚肉 カツ用」 3枚300g1207円  (←ちなみに私愛用の生活クラブだと、3枚340g983円)
  • 「豚ひき肉」200g642円  (←生活クラブだと、480g845円)
大地を守る会お肉の価格

どうですか? 私が感じたのは

食の安心を取りたいスタンスなので
お値段が少しスーパーより高いということなら仕方ないと思うことはある・・

でも、だからって食費が無限にあるわけじゃないし、
毎週のお肉を大地を守る会から調達するのは無理
だな・・ ということ。

面白かったのが(って言ったら失礼なんですが)
私が大地を守る会のお肉商品ページを私が見ていたとき、
唯一「普段使い用にぴったりです」って書いてあったのが
「短角牛切り落とし」150g1350円税込 だったんですよ。

私もね、これを見てなんとなく
「あ、これだけ周りと比べたら安いかも」ってちょっとほっとしたんです。

強いて言えば、選ぶならこれかも?みたいな。
(でもあとで冷静に考えると、やっぱり私は普段使いには全然出さないお値段だけど!笑)

だがしかし
よく表示を見てみると、それ、すでに売り切れ表示でした( ゚Д゚)!

すでに会員のみんなも、
こればっか狙ってるやーん。&都度売り切れになるなら買えないやーん。

っていうのが顕著にあらわれているリアルな注文画面を見てしまい、複雑な気持ちになった私でした。笑

お肉が全て、高価格なのは
子育てママが毎週の買い物を続けていくには致命的かも!

また大地を守る会には、離乳食の取り扱いはありません。

他にもたとえば
「ヨーグルトとチーズ」カテゴリーでも、よつばなど「良いめ」のものばかりで

私の感想としては、子育て家庭には
良質で安全でありながらラインナップ・価格と商品数、継続のしやすさで、
らでぃっしゅぼーや・生活クラブが圧倒的に勝ち! と感じました。

さっきお肉の比較で出した生活クラブの豚肉は
非遺伝子組み換え飼料でゆったり育てられ、美味しさで人気の商品でありながら、
お値段は大地を守る会よりずっとリーズナブルなので。

大地を守る会は、お肉のお値段が高級!
品揃えや離乳食がない点からも、私が自信を持ってママたちにおすすめできる
宅配の上位候補から外れるかも。
ラインナップや食の安全への取り組みは、悪くありません

食の安全基準で大事なこととは?安さを求めるなら〇〇

残り5社になりました。

ここからは
食の安全基準(放射能・遺伝子組み換え食品など)で、各社を比べていきます。

主婦A子

食品の放射能や添加物は気になる・・

ママB美

野菜の品質と味を重視したいし
無農薬野菜・有機野菜をできるだけ選びたい!

野菜の農薬への「考え方」でいうと、実はどこも似てる!

まず農薬への姿勢・無農薬への取り組みについて、
各社の公式ホームページがなんと掲げているか、調査してみました。

※地域ごとの生協・一般的なコープの代表例として、私が加入している東都生協を入れています

スクロールできます
宅配サービス野菜の農薬についての姿勢(公式サイトより)
オイシックス「農薬0を目指しています」
生活クラブ「化学合成農薬や化学肥料はできるだけ使いません」
らでぃっしゅぼーや「農薬の使用は「必要最小限」」
パルシステム「化学肥料・農薬その他化学薬品を使用しない農業を奨励」
東都生協「農薬や化学肥料の使用をできるだけ抑えた」

要は、どこも似たような方向性なんです。

上のどこの宅配を選んでも、なにも規定などがないスーパーよりは、

「ここで野菜を買えば、「やたら不必要に農薬が多い野菜が口に入る」ことはないよ」
というスタンスではあるということになります。

食材宅配選びで大事なのは、各社の「基準」

でも・・「できるだけ」「最小限」ってどのくらい?

って思いませんか?

「必要」なら使うことは使うのね? って。

実は各社、上の理念を掲げつつも
同じページ内で「やむを得ず使う場合は~」など書いているところも多くありました。

そうなるとねぇ。

理念はいくらでも掲げることができるけれど、
実は「できるだけ~と思ってはいますが、完全には難しいので」ってテイで
実際の農薬の使い方はゆるゆるだったりする可能性もあるのでは・・?

なんて私はそこを疑ってしまったりします(*´з`)笑

不安そうな表情の髪の長い女性

一方で「別に全然気にならない」という方もいらっしゃると思います。

はっきり言って、

「食の安全はそこそこでいいから(農薬の削減を掲げていれば十分だから)、
あとはとにかくスーパーの感覚で安さが一番大事!」という人には、
パルシステムや地域の生協(コープ〇〇とか地域名が入っているところ)がおすすめです。

価格帯の安さでは、他に勝っているので。

特にパルシステムについては
オイシックス・らでぃっしゅぼーや・生活クラブの4社で比べると
一番価格が安いのにもかかわらず

その3社と同様に、下記4つも叶えられます。

  • 卵を産む鶏の飼育環境は「光と風の入るのびのびとした環境」という姿勢があって
  • 平飼い卵も売っていて
  • GMO不使用の菜種油が買えて
    ※菜種って、国産は少なく海外産は遺伝子組み換えがほとんどな上に、GM表示義務がないんです
  • オリジナルのソーセージやハムは
    亜硝酸塩やリン酸は使われておらず、ピンクでない「自然なお肉の色」をしたものが買える

(パルシステムを見てみる方はこちらから)

生協の宅配パルシステム

でも・・・

主婦A子

私は「実際どのくらい」なのか、気になる派
農薬をできるだけ使わないって、どのくらい?
無農薬野菜は買えるの?
放射能や遺伝子組み換え食品だって、本当に対策してくれているか納得できる宅配を選びたい!

そう感じる私と同じタイプの方は、今から
らでぃっしゅぼーや・生活クラブなどの安全基準が
生協やパルシステムと比べて、どう違っているのか
詳しく書いていくので、最後まで読んで判断していただければと思います。

では話を戻して・・・
「農薬を最小限にしますって言ってるけど、どのくらい?」

これが気になったとき、大事なのって

各社が「安全だから取り扱う・出荷する」と独自に設定している基準 
だと私は考えています。

これは農薬だけじゃなく、放射能検査や添加物、遺伝子組み換えなどについても同じですよね。

ちなみに大地を守る会、オイシックス、らでぃっしゅぼーやは同じ会社なのですが、
ラインナップや、値段設定や、安全基準はそれぞれ違います。

大事なのって、
運営する会社どこかよりも、それぞれの安全基準や使いやすさ

そう思っている私は、早速ここから各社の安全基準の比較をしていきたいと思います。

基本的な理念がよさそうでも、
本当に気になるのは「各社の安全基準」の違い!
(放射能や遺伝子組み換え食品の安全性が厳密でなくてもいい人には、
パルシステムや地域生協・コープがおすすめ)

本記事の構成

長い記事なので、このあとの結論や構成をお伝えすると、

今からご説明する放射能・遺伝子組み換え食品・添加物などの安全基準の比較では
らでぃっしゅぼーや・生活クラブが群を抜いた2トップという結果になり、

そのあとの野菜へのこだわり・農薬基準や分かりやすさについては
生活クラブよりらでぃっしゅぼーやがおすすめと分かります。
(オイシックスの野菜や農薬にも触れます)

利用しやすさのところでは、
らでぃっしゅぼーや・生活クラブを実際に
毎週9年以上使っている私のリアルなレビューで比べております。

なるべく分かりやすく
スラスラ読めるように書いていきますが、

安全基準の比較をとばして、野菜の比較の部分を読みたい方は
こちらをクリックしてジャンプ

また利用しやすさの比較・レビューまで飛ばしたい方は
こちらをクリックしてジャンプできます。

食材宅配6社比較!放射能の基準値

まず放射能検査の基準の比較をします!

食品の放射能については、まず国の基準があります(国の放射性セシウム出荷基準値)

「セシウムの値がここを超えたら出荷しちゃだめ」「それ以下なら出荷してOK」という基準値ですね。

その国の基準値 に対して、

より低い独自の基準値を設定して、
「国は許しているけれどのウチではこの基準を超えている食材は、出荷しない」
としている食材宅配があります。

そこで買えば、よりセシウムの値が低いと確約された野菜や食材しか届けられないので
安心というわけです。

というか、消費者の本音としては

ママB美

「放射性物質の検出ゼロ」のもののみ使いたい!
子どもがいるから、なおさら

と思いますよね(^^;)

でも残念ながら
国の基準では「ゼロ」の食材はなく、
粉ミルクなどの乳児用品ですら「50」までならOKとしている現状
なんです・・

ママA子

赤ちゃんの口に入るものすら、ゼロじゃない・・・だと?( ゚Д゚)

より厳しい基準値にしてくれている食材宅配があるなら、断然そちらをメインで選びたいですね。
(なので私はらでぃっしゅぼーや・生活クラブを選んでいます)

ちょっと特殊な、オイシックスの放射能チェックのしくみ

では各社の放射能基準値の比較表を作ったので載せますが、
オイシックスだけちょっと特殊な仕組みなので、はじめにご説明します。

オイシックスでは「グリーンチェック商品」というものがあり、

該当の商品(野菜など)で放射能検査をして、検出値がゼロだったものについては
カタログや注文画面に分かりやすく「グリーンチェック」の印
がついています。

印があるもの=放射能不検出 ということになるので、
選ぶ側としても分かりやすくていいですよね。

ただその一方で
オイシックスでは、グリーンチェック商品以外の基準値は国と同じ(高めの)値なんです。

そういうわけで、下の表では
グリーンチェックについては非常によい(◎)けれど、他の商品は全て国と同じ高い基準(×)なので、
そのように記載しています。

食材宅配6社の放射能基準比較表はこれ!

それでは表を見てみましょう。

放射能検査で各社が問題なし=出荷OKと設定している基準値
私が独自にまとめたものです。
※ご参考に大地を守る会も入れてみました

分かりやすい比較表が他で見つけられなかったので、
私が各公式サイトにお邪魔して、細か~い字の検査基準ページまで探って記載を探し、
値を一つずつ入力した【2022年時点の正確な値】の比較表になっており、自信作です。

↑といっても転記と確認をがんばっただけ。笑
でもどこにもこの組み合わせでの最新表はないことと、各公式の記載を整理できたことに自己満足です

国の
基準値
らでぃっしゅぼーや生活クラブオイシックス大地を守る会パルシステム東都生協
乳児用品500610
飲料水105610
牛乳505リー1010
葉物果菜1005252025
果物根菜100502550100
10010625
10050102025
魚・加工食品・海藻1005025魚加工食品25
魚介50
海藻100
25
100551010
乳製品飲料10010101010
きのこ1005025
生椎茸は50
でも他は国同様100100
各宅配サービスの放射能基準比較

【記号のつけ方ルール】
各宅配が国の基準より出荷基準値を厳しくしているので、一番高い国の基準値と同じ値をあえて「×」と表しています。
0が◎、国と同じが×、国より厳しい基準の場合→順位をつけてより厳しい方を〇、その次を△
順位がつかない場合→国の1/4未満の厳しい基準にしているところは〇、それ以上は△としております

あなたはこの表を見て、どのように感じられましたか・・?

私がぱっと見で思ったのは

  • きのこってやっぱりダントツに高い(検出されやすい)ものなんだ・・ショック
  • でも各社(東都生協以外)がんばってくれてるんだな~
  • 大地を守る会、海藻100マジか・・
  • 生活クラブとらでぃっしゅぼーやの「乳児製品0」に好感度アップ
    (いやむしろ他は検出されてても売っちゃうのか・・ショック)

などなど。比較すると浮きぼりになるものってありますよね。

この表で分かるのは、放射能基準値にそれぞれ差や特徴はあるものの、
全体的に基準値が低い上位2社は、らでぃっしゅぼーや・生活クラブだということ

ちなみにらでぃっしゅぼーやでは
野菜などの商品名に分かりやすく「西日本産」とつけて販売しているものが多くあります。

これはらでぃっしゅぼーやが放射能を気にする人向けに、
「西日本産の野菜を選べる選択肢」を用意している姿勢があるからなんです。

らでぃっしゅぼーや「西日本産」野菜
私は東京なのですが、通常のものより20円くらい高いイメージで手に入れられます☆

「九州」「北海道」表示もあります。

ただそれ以外の産地の野菜も「放射性物質不検出」としてホームページに載っているので、
私自身は、毎週のらでぃっしゅぼーやの注文で、特に「西日本産」ばかりを選ぶわけでもなく
通常の野菜を安心して買っています。

でも注文時に分かりやすく西日本産とか九州産って
毎回商品名に明記されいるのは分かりやすいですよね。

3.11以降放射能が気になっている人には、らでぃっしゅぼーやはとてもおすすめです。

放射能検査の基準値、順位をつけるなら
上位2つ → 生活クラブ・らでぃっしゅぼーや
オイシックスについては「グリーンチェック商品がありつつも他は国と同基準」なのをどう捉えるか。

地域の生協・コープの放射能検査基準は国と同じが多い

表の通り、東都生協は国の基準と同じ・・というより、
放射能について独自の基準がありません。

理由として、 公式ページには
「(安全な基準は)国が責任をもって定めるべきものだから特に基準をつくりません」
という内容が書いてあります。

ママA子

うーん・・・

それと比べて、らでぃっしゅぼーや・生活クラブは

「食の安全のために独自の厳しい基準をつくって、検査してより安心なものをお届けします」

というスタンスなので、私としては断然、そっちに信頼感を持っちゃいますね。

ママA子

企業努力と安心を感じる!

もちろん、全国すべての地域生協が東都生協と同じ基準だということではありません。

ただ今回私が全国の地域の名前のつく生協・コープのいくつかのサイトで
放射能の基準について確認していったところ
コープみらい・よつば・その他コープ系のいくつかの地域生協で
やはり「国と同じ基準」としているところを複数見つけました。

関西のあるグリーンコープでは、
公式で「独自の基準を掲げている」としているのに
「ただしそれを上回ったからって必ずしも出荷を取りやめるわけでなく
確実に取りやめるのは国と同じ基準値のときです」って小さい字で書いてあって、

(私)「・・・?(つまりほぼ国と同様の基準なのね?)」 なんて思ったり。

らでぃっしゅぼーや・生活クラブは全国規模で利用人数も多いの宅配のため
検査のための施設・技術にかけられる資金
地域の宅配とはレベルが違う・・という理由も大きいのかもしれません。

残念ながら、今回私が複数の生協・コープの公式を調べたなかで
特に国より厳しい検査基準を設けているところは一つも見つけられませんでした。
(もっと探せばあるのかもしれないので、あなたが気になる地域生協があれば問い合わせるのがいいかもです)

卵1つとっても、国の基準がはシウム100ですが、
らでぃっしゅぼーやで卵を買えばゼロが確約している♪

これ、放射能が気になる私には、安心感が全然違います。

\今なら2000円分のポイントがもらえる&年会費1年無料/

らでぃっしゅぼーや

放射能基準でいうと、地域の生協・コープは国と同様が多い
放射能の基準値をそれよりずっと厳しくして、
安全面をより大切にするスタンスを持っているのが、らでぃっしゅぼーや生活クラブ

食材宅配4社比較!遺伝子組み換え食品(GMO対策)と添加物

次に、遺伝子組み換え食品と添加物についての姿勢・基準を比較してみます。

残っている4社は、
らでぃっしゅぼーや・生活クラブ・オイシックス・パルシステムです。

主婦A子

遺伝子組み換え食品(GMO)への対策=「GMO対策」、
非遺伝子組み換え商品=「Non GM」などとも言われてるよ!

非遺伝子組み換え飼料への基本姿勢と、実際買える卵で割合チェック!

4社の基本姿勢は、こんな感じでした。

表では分かりづらいところもあるので、説明もします!

スクロールできます
基本姿勢と
飼料のGMO対策の姿勢
 買える卵のうちGM飼料不使用と明記の卵の数
らでぃっしゅぼーや遺伝子組み換え作物および
それを原料とする食品は原則的に扱わない
飼料は、非遺伝子組み換え作物を推奨
 5/5
生活クラブ「食べ物の遺伝子操作に反対します」
「原材料だけでなく、飼料などにおいても遺伝子組み換えのものは使わないことを基本とします」
2/2
オイシックス「遺伝子組み換えの行われた農産物の取り扱いは行いません」 0/9
パルシステム「遺伝子組換えに「NO!」の姿勢を貫きます」1/5
※NonGM飼料の実現が
コアフードなど少量一部の商品にとどまる

基本的に4社とも反対の姿勢ですね。
(またもや「基本的に」「原則的に」って実際はどのくらい?って疑問はわくので、
そこについても、あとで調べた結果をお伝えします)

でも私が差を感じたのは、

らでぃっしゅぼーやと生活クラブについては
(原材料だけでなく)飼料でも、非遺伝子組み換え作物を取り入れることを基本姿勢にしている
点!

分かりやすいのが、右の列のNonGM飼料の卵の割合なので、ちょっと見てみてください。

これ、ある週のカタログで選べる卵のうち
「遺伝子組み換え飼料完全不使用」と書いてある卵の数の比較なんです。
(温泉卵やうずらの卵はのぞく。ちなみに4社とも平飼い卵の扱いはあり)

割合の違いは、表を見れば一目瞭然!
オイシックスは、なんと完全不使用がゼロいう結果でした。

オイシックスは、私が直接問い合わせをしたところ、
「非遺伝子組み換え飼料に限定していない(回答)」とのこと。

またパルシステム
「遺伝子組み換え飼料は不使用」と明記のある平飼い卵6個入り以外、
売っている産直卵の複数に「非遺伝子組み換えとうもろこし中心の飼料」とありました。

ママB美

「中心」ってことは、そうでないものも入っているよね・・
(私はちょっと不安を覚えるので避けるタイプの書き方ですね)

一方で、らでぃっしゅぼーや・生活クラブは売っている卵は、
100% 遺伝子組み換え不使用の飼料で育った鶏のものなんです。

らでぃっしゅぼーや非遺伝子組み換え飼料10個入り卵

↑ 私が毎週買っている卵!298円。割ると球体のきれいな黄身が出てきます♡

放射能と合わせると、らでぃっしゅぼーやで卵を買えば
どの卵を選んでも、
セシウム不検出&遺伝子組み換え不使用の飼料の卵が確実に食べられるということになります。

主婦A子

安心で嬉しい・・!

放射能についても、NonGM飼料についても、厳密さをとるなら
らでぃっしゅぼーや・生活クラブが、オイシックスとパルシステムよりリード

加工食品の遺伝子組み換え原料の基準を比べてみた

加工食品(ハムやはんぺんやお惣菜など)は
遺伝子組み換えの原料・添加物が混入しやすい分野なので、要チェックです。

この加工食品のGMO対策についても、4社の間で差が明らかになりました。

遺伝子組み換え原料が「100%入っていないよ」という宅配はない

まず残念ながら、4社(というか加工品のある全ての食材宅配)のどこでも
「完全にNonGM商品しか売っていません」ということは叶っていません。

この世の中で遺伝子組み換え原料を完全に使わないということが
どれほど難しいかが、公式で説明されていたりします。

それほど今の世の中当たりまえになってきているんですね・・泣

でも、らでぃっしゅぼーや・生活クラブなら加工食品のGMは原則なし

らでぃっしゅぼーや生活クラブは、
加工食品の遺伝子組み換えは、原則なし
という姿勢です。

ちゃんとチェック&管理するというスタンスを出していて
生活クラブについては、「万が一、原材料に遺伝子組み換え作物を使用する場合は
その旨を表示」としているので、情報公開についても確実です。

らでぃっしゅぼーや

  • 加工品に使われている醤油が非遺伝子組み換えかまで確認
  • 原料は国産を優先利用し、JAS認定品やオーガニックを積極的に取り入れる
  • 輸入品を使う際には独自基準での確認あり

という取り組みもしています。

オイシックスは加工品で「主原料」のみにGMを使わない・・これって。

上の通り、らでぃっしゅぼーや・生活クラブは
遺伝子組み換え食品を原則扱わない範囲を「原材料」としているわけですが

オイシックス
添加物も含めて「加工品の主原料としてGMO使用のものは取り扱いません」としていて

「主」原料でなければ、原材料として遺伝子組み換えの添加物が使われることもあることが分かりました。
↑これは、私が問合せて直接オイシックスから回答をもらい確認したので確実です

細かい話をすると、生活クラブでもらでぃっしゅぼーやでも
「主原料はNonGMが実現できたけど残りのわずかな原料にGMが入っている」商品もあります。
(でもたぶん割合はオイシックスよりずっと少ない。。理由はこれから書いていきます)

でもらでぃっしゅぼーや・生活クラブは、GMの基本姿勢では「原材料すべて、原則なし」としているのに
オイシックスのみが基本姿勢の時点で「主原料のみ」なのは、

ちょっと「うーん」と思ってしまいました。

主婦A子

印象としては、はじめから諦めている感じに
思えてしまうというか・・

パルシステムも、GM不使用から完全不分別(=入ってる)商品が混在状態

パルシステムはどうかというと、

  • 遺伝子組み換え原料が不使用
  • 主原料には不使用
  • 副原料は遺伝子組み換えを不分別
  • 完全に不分別(入っている)の商品が混在

この4パターンが完全に混在しています。

はっきり言って、100% NonGMの商品は少ない印象です。

これについては、私が実際に数えてみて分かった衝撃?の割合を
次の項目で発表しますね。

加工品の遺伝子組み換え原料については、原則なしのスタンスにしているのが
4社中らでぃっしゅぼーや・生活クラブの2社のみだった!

注文のときに「非遺伝子組み換え」かどうか分かる?実際の割合は?

注文のときに「この商品にGM原料(添加物含めて)が使われているか」が分かりやすい!
っていうのも大事なポイントですよね。

ホームページとかに公開されていると言われたとしても
結局、面倒で都度確認なんてしないから・・。←私はそうです

これについても、時にはお問合せを使って直メールしながら各社に細かく確認しましたよ。

それで分かったことが、大きく3つあります。

生活クラブは「分かりやすくて、NonGM商品が多い」

まず分かりやすさと遺伝子組み換え不使用の商品の多さを両立しているのが、生活クラブです。

注文時や商品そのものに
「NONGM」マーク(完全不使用・主原料のみ不使用)がついているので分かりやすいんです。

商品の割合としても
該当する多くの食品のうちほとんどで「完全不使用」
または「主原料に不使用」を実現しています。

生活クラブチラシ・NONGMOマーク
これ私の生活クラブチラシです。矢印が「NONGMマーク」!

実際、毎週生活クラブを使っている私の実感としてもその通りで、安心感があります。

【参考・生活クラブの遺伝子組み換え対策のページ。これ読んでも力入れてる姿勢がよく分かります↓】
遺伝子組み換え対策|生協の食材宅配 生活クラブ生協 (seikatsuclub.coop)

パルシステムは「分かりやすくて、NonGM商品がかなり少ない⁉」

パルシステム
カタログでマーク付きでGMのレベルを分かりやすく表示していて、

それは良いのですが、でも!

今回私、パルシステムカタログのなかの
遺伝子組み換え原料が入っている商品の割合を
実際数えてみたところ、

その結果に驚いてしまいました!

こちら、パルシステムカタログのお惣菜ページなのですが・・・

パルシステムカタログ見本お惣菜ページ
よく見ると商品ごとにGMマークがついています

このページに、GMに関わる原材料が使われている商品が
全部で18個載っていました。

で、そのなかで GMレベルごとの商品の割合を数えてみた結果・・・

① GM不分別(つまり遺伝子組み換えが入っている) → 9商品
② 5%未満の原料で不分別(~5%入っている) → 9商品
③ 不使用(つまり入っていない) → 0商品

だったんです( ゚Д゚) 【参考基準】「遺伝子組み換え」表示について、教えてください|生協の宅配パルシステム (pal-system.co.jp)

パルシステム、遺伝子組み換え不使用の商品がページのなかでゼロ・・・?
ってことは入っているのが100%・・

これでは、遺伝子組み換え食品を避けてたいと思っている人は、
パルシステムを安心して使えないよね?と私は感じてしまいました。

名誉挽回してほしかったので、さらにパンのページも数えてみましたよ!

パルシステムカタログ見本パンのページ

その結果、
このページのなかのGM関連原料に該当するパンは20個あって、内訳はこうでした。

① GM不分別(つまり入っている) → 7つのパン
② 5%未満の原料で不分別(~5%入っている) → 5つのパン
③ 不使用(つまり入っていない)→ 8つのパン

ママB美

パンは8/20で実現かぁ・・・これをどう感じるかですよね。

少なくとも生活クラブでは、
パルシステムの結果でいう②③がほぼ100%でしかも③不使用が②よりずっと多い割合なので、

パルシステムとは、かなり違いがあることになります。

らでぃっしゅぼーやとオイシックスの違い(分かりやすさと割合)

らでぃっしゅぼーやオイシックス
「製造元の任意なので商品に表示がないこともある」としているのですが、

らでぃっしゅぼーやについては
NonGM商品の割合で、完全にパルシステムを上回っています

毎週、らでぃっしゅぼーや商品ラインナップを見ている私ですが
GM原則なしというスタンスの通り、
不使用かほぼ不使用の商品が多い印象です。
パルシステムのように半数未満とかではないんですよね。

なぜかというと、
らでぃっしゅぼーやって、加工食品にしてもお惣菜にしても
「らでぃっしゅオリジナル」という自社商品や
「らでぃっしゅ100選」という、質を厳選管理して特にセレクトしてある
商品が多いんです(これがおいしいんだ・・!)

らでぃっしゅぼーやオリジナル商品(牛乳豆腐納豆など)

それらは「製造元の任意でGMが入っても分からない」ではなく
原則GMは使わない商品ばかり。

たとえば、うちの子どもたち(も私)も大好きな、
このおさかなソーセージですが・・・

らでぃっしゅぼーやおさかなソーセージ
らでぃっしゅぼーやソーセージ原材料

この主原料でなく「わずかな割合」で使われている「菜種油」も、
念のため問い合わせて確認したところ、
ちゃんと非遺伝子組み換えの菜種油でした!(ノ´∀`)/ 

↑これ、菜種油にはGMかどうかの表示は義務付けられていないため、市販では
書かずにGM菜種油を使っている商品が多いんです。でも、らでぃっしゅぼーやは
「別にあえて書かないけど(手に入りづらい)GMでない菜種油を
使ってるよ(だってうちの自社製品だから当然よぉ!)」って意志が感じ取れて、
個人的に信頼感がさらにアップしました

そんなわけで、らでぃっしゅぼーやの場合、
そもそも自社製品がわりと多いため
「GMが少し使われているけど製造元の意向で表示なしの加工品」自体が、
パスシステムよりずっと少ない
って感覚なんですよね。

そしてらでぃっしゅぼーやの場合、
注文時に 肉、ハム・卵・乳製品・納豆・豆腐などでは
商品の説明でNonGMだと分かるものも多いです。

でもカタログや注文画面でぱっと見で分かるマークが特にないのは、
生活クラブと比べると私としても改善してくれたらもっと分かりやすいポイントかも。

オイシックスについては、注文画面で探してみましたが、
お惣菜など商品ごとGM関連マークや説明は特に見つけられませんでした。

基本姿勢がそもそも「主原料になるべく使わない」にとどまるので、
そこまで力を入れていないような印象を受けました。

GMO対策の見やすさ・分かりやすさを含めた総合トップは生活クラブ。
NonGM商品の割合の多さは、
らでぃっしゅぼーや・生活クラブ > パルシステム(オイシックスは不明)

食材宅配4社の、添加物の基準比較!

添加物についての比較も、4社でけっこう違いが目立ちました。

これも読みづらいので、要点2つをご説明します!

スクロールできます
添加物について
らでぃっしゅぼーや加工食品では添加物をしっかりチェックし、管理

加工食品の添加物はできるだけ使わず、
使う場合にはらでぃっしゅぼーや基準指定のものに限定
生活クラブ日本で使用が認められている添加物約1500から
天然香料と一般飲食物を除いた822種のうち93物質のみの使用

加工食品では、許容していない添加物のなかで特に毒性が懸念され
一般的に使用例が多いものを中心に検査
オイシックス基本的に化学調味料で味付けされたものは取り扱わない
商品の特性上、使用しないと難しいものは原材料をHPに表記して販売

↑※使用添加物にソルビット、トレハロース、ブドウ糖果糖液糖などあり
パルシステム日本で使用が認められている添加物約1,500のうち、
約24%を商品づくりに不要として「日々点検」

オイシックスの添加物について、私が抱いた「疑惑」

一つ目。

私が少しひっかかっただったのは、
オイシックスで使うと書いてあった添加物に
ソルビット、ブドウ糖果糖液糖などが書いてあったことです。

ソルビットは、らでぃっしゅぼーやや生活クラブの商品の原材料で見たことがないのと
(利用者さんで「使われてるの見たことあるよ!」という場合はぜひ教えてください)
ブドウ糖果糖液糖って、
遺伝子組み換え原料バリバリの添加物の代表
というイメージがあって・・・

子どもにあげたくないやーつ!!
たまに市販で口にすることもあるからこそ、基本は避けておきたいやつ!

とはいえ果糖液糖、
市販のもので特に書かれていないものはほとんどが遺伝子組み換えのものですが、
「非遺伝子組み換えの果糖液糖」があるのも事実です。

でも「主原料以外(つまり添加物など)は特にNonGMじゃないこともあるよ」って言ってる
オイシックスでのブドウ糖果糖液糖(←主原料じゃない添加物)って
・・・

ほぼクロじゃないのかな~~?

なんて、私のなかではちょっと要注意認定というか、
オイシックスって、添加物についてはスーパーにかなり近い感覚かな
という印象になりました。
野菜にはこだわっているようなんですけどね。

少なくとも、私はいつも生活クラブやらでぃっしゅぼーやで
「添加物には厳密です」
「ブドウ糖果糖液糖は当然使わないし、使っている場合は非遺伝子組み換えって書いてますよ」
ってスタンスに慣れているので、そこがひっかかってしまいました・・。

パルシステムの添加物の使用数は、生活クラブよりこんなに多い!

着色料入りのカラフルなお菓子

もう一つ「差」に驚いたのが、パルシステムと生活クラブの添加物の数です。

パルシステムが「不要でない=販売するよ」としている添加物の数が
表の結果から計算すると1100以上ということになるのですが、

生活クラブが使用を許可している添加物の数は、計算すると771。
(1500-822=天然香料と一般飲食物の678これに許可している添加物93を足した数)

つまり、パルシステムがOKを出している添加物は、生活クラブより300も多いんですね。

ちなみに生活クラブとらでぃっしゅぼーやの添加物の数の比較ですが、

生活クラブの93に対して、
らでぃっしゅぼーやの添加物の数は、今は公式サイトを探しても確認できません。

ただ、少し投稿日付が前のサイトでらでぃっしゅぼーやの許容添加物の数は「41」
という情報が複数検索に上がるので、
少し前まで、らでぃっしゅぼーやは41だったと思われます。

現在は、増えているとしても基準として厳密なのは変わりがないかなと思っています。
(というのも、ずっと利用していて感じるのですが、らでぃっしゅぼーやは
安全基準や値段などの変更の場合、必ずアナウンスがあるので
利用者にアナウンスなくしれっと使用添加物を100増やす、などはしないので)

少なくとも、
現在も「添加物についてはらでぃっしゅぼーや基準で許可したものに限定」という基準で
検査する体制があります。

添加物使用についての厳しさは、
らでぃっしゅぼーや ≧ 生活クラブ > パルシステム と オイシックス

食材宅配の安全基準 4社の評価をまとめるとこうなりました

各社の安全基準をいろんな面から比べてきましたが、
ざっくりとここまでの結果をまとめると、評価はこんな感じになりました。

放射能基準卵などのGM飼料加工品のGM対策添加物
らでぃっしゅぼーや
生活クラブ(表記分かりやすい)
パルシステム(割合が微妙)
オイシックス(主原料のみ対象)
〇△×の評価のしかたは難しいですが「完璧ではないが、かなりいい」が〇、「致命的(食の安全面で×)ではないが微妙」が△という感じ!

パルシステムとオイシックスの評価は・・・

ここで、全てが△になったパルシステムをオイシックスを候補から外し、

これ以降は主にらでぃっしゅぼーやと生活クラブの野菜(農薬)のことや
利用しやすさの比較、デメリット、私の利用レビューなどを
説明するパートに入ろうと思います。

2社とも人気もあるし、△ではあっても、×ではないのですが、
正直、安全基準で比較してみた結果では

らでぃっしゅぼーや・生活クラブなら
「基本姿勢や管理体制は当然で、
その上にさらに厳しい安全基準や、対策の姿勢で商品を届けてくれる」

というのが、ここまで調べてきた私の評価となりました。

たとえばパルシステムのなかで
遺伝子組み換え飼料不使用卵だけを選んだり、お惣菜やパンも不使用な商品だけを選ぶ
って使い方もあるのかもしれませんが、

最初にお伝えしたとおり
家族の毎週の食材を宅配でまかなっていくときに大事なのが、ラインナップ。

正直、パルシステムでGM不使用のお惣菜を選びたいなら、今の割合では
継続するのに不十分で、利用していて満足感は得られないだろうな・・と私は思います。

また、この記事を読んでくれている方は
無農薬・低農薬で味の濃い美味しい野菜に興味がある方が多いと思うのですが、

らでぃっしゅぼーやにはこの上さらに

「野菜が美味しくて安全で、大人も子どもも体が喜ぶ」という毎日がついてきます。

(パルシステムでいうと、カタログを見ても野菜がトップページじゃないんですよね)

ママA子

らでぃっしゅぼーやは、一番の売りである
野菜ページが必ずトップ!

一方で、オイシックスについては
「野菜を売りにしている」部分はらでぃっしゅぼーやに通じるので、
次の野菜の比較や、利用しやすさの話で比較として出していきたいとは思います。

ではここからは、らでぃっしゅぼーやと生活クラブについて
農薬基準や野菜の味について比較したあとに、
実際に利用している私のリアルな感想をまじえながら

どれくらい使いやすいかどうかを説明していきますね。

残ったのは、らでぃっしゅぼーや・生活クラブの2社。

プラスチックのBPA・環境ホルモン対策

ちなみに
らでぃっしゅぼーやと生活クラブはプラスチック包装の環境ホルモン対策にも気を使っています。

プラスチックって、お惣菜など食品の包装にめちゃめちゃ使われていますが
密着している食品に有害化学物質(環境ホルモン)が溶け出して、
それが口に入り体内に蓄積したり免疫や自律神経に害を与えることが指摘されています。

ママB美

日本ではまだまだ少ないけど、「BPAフリー」表示を選ぶ人もいますね

ここまで読んでくださっているあなたなら、とっくにご存じかもしれませんが(*^^*)

私も気にする人なのですが、特に知ってショックだったのは
プラスチックから環境ホルモンが溶け出すのは、特に熱・酸・油に浸されたときってこと!

だから普通のプラ包装のお惣菜をレンジでチンとか、

お皿に市販ラップをかけてチンした熱々のカレーの表面に、
ラップがべったりくっついてる状態とか最悪 ってことですね・・(つらい)。

らでぃっしゅぼーやと生活クラブの環境ホルモン対策は、調査したところ以下の通りでした。

【らでぃっしゅぼーや】

包装につかうプラスチック材や缶詰の素材の環境ホルモンについて、
エポキシ樹脂系やポリカーボネート樹脂は、不使用又は低減されたものの使用を推奨している

【生活クラブ】

ラップ・フィルム剤はダイオキシン不使用の素材を使用
レンジであたためる際に環境ホルモンが発生する疑いのある添加物は使用していない
缶の内側のコーティング剤から環境ホルモン物質が溶け出す心配のないよう、対策をすすめた缶容器を使用
牛乳やトマトケチャップはびんを採用

らでぃっしゅぼーやの内容は、
今回の記事のために問い合わせた際、私宛に回答として教えてくれた文面です。

こんな推奨の姿勢を持っているのにもかかわらず
聞けば「具体的な内容のHPへの記載は、現状特に考えていません」とのことで、
なんだか謙虚なメール回答でした(^^;)

ちなみに、プラスチックからの環境ホルモン溶け出しを
気にしている私が愛用しているラップはこれ。

薬剤の入っている市販のラップよりお皿にくっつきにくいのですが、
私にとっては致命的な使いにくさにはならず常備しています。

(ミニサイズ・30㎝大きめサイズも載せときます)

農薬の基準や表示は?
らでぃっしゅぼーや・生活クラブ・オイシックス徹底比較

たくさんの野菜料理の朝食

では、野菜のお話です!

らでぃっしゅぼーや・生活クラブ、
あと一応、比較のために野菜に力を入れているオイシックスの宅配3社について

農薬の基準についても詳しく調べましたので見ていきましょう。

基本姿勢はすでに書いた通り、3社とも似ています。

農薬(化学合成農薬や化学肥料)は使わないことを目指していて、使うとしても最低限

という内容ですね。

さらに細かい部分についての比較は、次のようになりました。

(各項目について表を載せますが、細かく見づらいと思うので
各表のあとに、要点を分かりやすく書いていきますね!)

有機質肥料について比較

らでぃっしゅぼーや生活クラブオイシックス
有機質肥料について「有機質肥料を中心とした栽培」

ただし有機質肥料を使ったからと美味しくなるというのは誤解で、有機質肥料は成分にバラツキがあるため土壌分析して必要な成分を与えるなど「分析&「バランスまで考える」姿勢
生活クラブ全体の取り組みとしては記載なし。
生活クラブに野菜を提供している一生産者のプロフィールに「有機質肥料を使っている農園」とあるだけ
有機質肥料を使うという
姿勢

要点まとめ

各社、化学肥料は原則使わないということですが、
らでぃっしゅぼーやとオイシックスについては
さらに「有機質肥料を使う」という姿勢があり、野菜の質と美味しさを大切にしている
ことが分かりました。

らでぃっしゅぼーやについては、こだわりとして
さらに「有機質肥料さえ使えば美味しく育つというのは誤解」としています。

土壌の分析をしてバランスを整えることがカギなのでそこに力をいれていますよというのが
らでぃっしゅぼーや
です。

この有機質肥料についての比較は、3社の姿勢の違いが分かりやすかったです(*^^*)

らでぃっしゅぼーやオイシックスは生活クラブよりも
野菜に力を入れている。
公式HP・カタログ・注文ページを見ても野菜に一番こだわりがあるのが一目瞭然!
特にらでぃっしゅぼーやは土の質にこだわっている。

農薬の基準や取り組みの比較

これも細かく載せていますが、表だけだと見づらいので、すっとばして要点の説明をご覧ください。

らでぃっしゅぼーや生活クラブオイシックス
農薬の基準やむを得ず使用する場合も、生きものや環境に及ぼす影響を考えて独自に策定の「使用禁止農薬リスト120成分」を遵守

農薬のRADIX基準をパスした野菜を出荷
農薬散布回数を減らすだけでなく毒性の強い農薬(環境ホルモン農薬、ダイオキシンが含まれる農薬、発がん性がある農薬、毒物指定農薬、水質汚濁農薬)を「削減指定農薬」とし減らす無登録など、規定を満たすもの以外の農薬使用禁止

有機JAS認定栽培であること、栽培期間中当該地域慣行栽培の5割以下にすることを基準としてパスしたものを出荷

ポストハーベスト(収穫後に散布する農薬)処理された農作物は取り扱わない
取り扱い野菜全体の、
慣行栽培と比べた
農薬量
慣行栽培の野菜の農薬使用回数を10としたとき、RADIX基準は(「特別栽培」と同じ)5だが、実際らでぃっしゅぼーやの野菜に使われていたのは2という調査結果不明栽培期間中
当該地域慣行栽培の
5割以下
残留農薬(生産者に)抜き打ちで、残留農薬検査あり検査し、残留農薬の基準目標は国基準の1/10以下定期的に残留農薬検査
姿勢その他国内の生産者には原則すべて会って検査・確認などをしている

除草剤に極力頼らない栽培を実践できる農家と契約

情報の管理公開を掲げる
除草剤グリホサート・グルホシネートは個別に検査、点検を強化除草剤原則禁止
(絶対でない)

情報の管理と把握を掲げる

要点まとめ

これはサラッといきましょう(次の項目の方が大事なので)。

「絶対でない」とか「目標は」とか
またもや「それって実際どのくらいなんよ」案件はちらほらありつつも、

3社とも、それぞれ基準を設けて検査しています。
それぞれで差はあることはあるのですが、特記するほどでもないレベル。

1つだけ、慣行栽培(いわゆるスーパーの野菜)と比べた農薬の量について、違いが見られました。

オイシックスは「5割以下」だったのに対して

らでぃっしゅぼーやは、基準は5割以下にしているけど
うちが取り扱っている野菜を検査してみたら、実際の値は2だった
ので、市販の1/5といえるよ!

という事実を公開しているので、◎記号をつけています。
【参考】農産品|RADIX基準|らでぃっしゅぼーや (radishbo-ya.co.jp)

私、冒頭でも書きましたが
子どものころから基本生活クラブの野菜と食材ばかりが食卓にならぶ家で育ったので

生活クラブのものを毎日食べ続けて
25年以上経っている舌を持っているんですけどね?(言い方)

そんな私が、妊活中に入ったらでぃっしゅぼーやの無農薬野菜を食べて、感動したんです!

「なにこれ!全然違う・・!美味しい濃い甘い!」って体が喜ぶ感覚を経験しました。

これ、当時(2013年)の私のリアルな声=Facebook投稿です。とりあえず感動しております笑

Facebookのらでぃっしゅぼーやの投稿
ちなみに当時は子どもいなくて暇だった&感動して投稿していますが、
私の今は・・かつお一番だしなんて取ってられない感じですよね!忙
でも野菜の美味しさは変わらないから料理の味と満足度が高いのは変わらず!

友達に「らでぃっしゅぼーやの野菜は他と全然違う」って聞いて入ってみたけど・・・
本当だったわ って。

そうだこの野菜で離乳食つくろう、絶対そうしようって。

でもその「特に美味しい理由」について深く考えたことはなくて、
お値段が少しイイからかな、無農薬だからかな~ぐらいの感覚だったのですが、

今回調べてみて、
らでぃっしゅぼーやは、四半世紀以上の長い歴史でつちかわれてきた技術に自信がある
っていうところを知って、ちょっと納得しました。

農薬や肥料の質と量だけでなくて、歴史と技術か~って。
なんども分析とチャレンジを繰り返してきて
野菜の質と味と栄養を追求してる農家さんたちが
集まっている宅配だから、安定して「格別なクオリティ」があるのね~としみじみしてみたり。

だから一部で「無農薬=安全でおいしいではない。
なぜなら質の悪い土を使って、なんの肥料も与えないで育ててたのも無農薬といえるから!
あるいは農薬より危険なものを混ぜてる可能性も!」なんてあおり?も見たことがありますが

3社の中で土の分析と質に一番力を入れてるのがらでぃっしゅぼーやで、
その上での無農薬なので、

私は自分の食べている「無農薬」にはとても満足感を感じています。

(ちなみにらでぃっしゅぼーやには
風土・品種・技術 3つの要素から誕生したという、
圧倒的なおいしさが誇りの『チカラある野菜』というブランドがあります。
どう技術面で工夫されたかなどが書いた説明が毎回ついてくるのですが、
どれも密度があって美味しくて、私もこの「チカラある」シリーズが大好き!)

らでぃっしゅぼーやのチカラある野菜肉厚ピーマン

これ、「チカラある野菜」の肉厚ピーマンです。

大きめの私の手の平を隠すくらい、ずっしりゴロンと大きくて
ピーマンなのに「ジューシー」って言葉がぴったりのみずみずしく甘い果肉!

手のひらに載せた肉厚ピーマン
これもひき肉と塩醤油で炒めただけで、娘のお箸が止まらなかった・・

生活クラブって、
安全を追求するために徹底的に基準を意識するし、検査するよってスタンスは安心するけれど

特に野菜を前面に出して、技術を集めているかというとそこまでではないんですよね。

誤解ないように言うと、生活クラブの野菜も気を使われているだけあって、美味しいです。

実際、母が生活クラブ食材オンリーのカフェを開いて野菜ランチを出していた時期があったのですが(実は。)

地元の雑誌では「生活クラブの野菜ランチ」として取り上げられ、
それを目当てにお客さんもたくさん来ていましたが、美味しさに評判ありでした。(母の料理の腕も大きい)

生活クラブの野菜ってだけで、知っている人にはわざわざランチに出向くだけの信頼と安心があるし
美味しいと人気になるほどのものがあるってことですよね。

ただ、生活クラブの舌を持つ私の主観でいうと

「生活クラブの野菜は普通に美味しい!らでぃっしゅぼーやの野菜は、感動する!味の濃さも密度感も違う!」
という感じ。

さいご完全に主観の感想になりましたが(^^;)
私の口コミとしてご参考になれば幸いです。

らでぃっしゅぼーやの野菜は、実際の農薬量でオイシックスに差をつけているようで、
農薬の量だけでなく野菜を育てる技術力にこだわりと自信あり。

3社の農薬の表示方法・分かりやすさ・無農薬野菜など割合を比較

ここ、けっこう重要なところかもしれません!?

上の農薬基準の比較表から分かる通り、

らでぃっしゅぼーや・生活クラブ・オイシックスの野菜は
基本的にすべて、無農薬・低農薬・有機野菜のいずれか
といえます。

でも、あなたがいざ利用しはじめたら

実際注文するときや野菜が届いたときに、
その野菜自体が
無農薬なのか・減農薬の野菜なのか一目でわかる!

って、気持ち的に大きくないですか?

たとえば「ホームページに、毎週の野菜の農薬量を、細かいリストで公表してますよ」といわれたところで、
宅配が忙しい日常のなかにとけこんじゃうと、結局わざわざHPまでいって確認なんて・・・
面倒で、しな~い。←私の実体験

はっきりいって、無農薬なのか低農薬なのかなどを表示してくれるなら

  • 選ぶときには → 注文画面に分かりやすく!
  • 届いた野菜なら → パッケージにどーんと見やすく

書いてあれば、そこではじめて
把握&実感&料理する際も意識できるかな~という感じですよね。

特にパッケージに書いてあるのは、
料理の直前に把握することができるので便利!(^-^)

というわけで、
注文の時の表示や「実際どれくらいが無農薬野菜なのか」という点の
3社の違いをご説明します。

無農薬野菜の割合を、私が今回調査したワケ

ちなみに
この調査で私が「実際どれくらいが無農薬野菜なのか」を調べた理由ですが、

「無農薬でないと価値がない」と言いたいわけでは決してありません。

でもシンプルに、
(土や他の安全レベルまで意識の高い宅配からの)無農薬野菜が届いたら
ママとしてもありがたい嬉しいって思うし、それで美味しかったら
「あ~こういうの選べて幸せ♡」ってなるじゃない?
って思いがあるんです。

私自身にとって、らでぃっしゅぼーやの無農薬野菜は
「無農薬である」という事実だけでなく「おいしい!」という実感もある
嬉しいもの。
届いたらテンションが上がります。
(食べるテンションも、料理するテンションも)

なので、同じような方もいるかなと思って、無農薬であることも
意識して調べてみました。

生活クラブ

生活クラブは、無農薬野菜のことを
「あっぱれ育ち野菜」(=栽培期間中、化学合成農薬と化学肥料不使用)、
低農薬野菜を「はればれ育ち野菜」と名付け、注文時にもその名前で表しています。

生活クラブのあっぱれ・はればれ育ち野菜
届いた野菜の包装などにも、このように記載があります

ただ逆に、他の野菜については
注文時や到着時に分かる、農薬についての記載はありません。

(らでぃっしゅぼーや・オイシックスには野菜ごとに記載があります)

さらに「はればれ育ち野菜」の定義を見ると
栽培期間中、削減指定農薬不使用 ということなんですね。

一見「それならいいじゃない」という感じなのですが・・ということは?

他の野菜は、削減指定農薬を使用しているってことなのかな?
少し疑問に思ってしまうんです。

生活クラブとしては
「他の野菜についても、
すべて化学合成農薬や化学肥料をできるだけ使わない姿勢」って言っているので

他の野菜が削減指定農薬たっぷりですってことはないのは分かるのですが

割合として、
普通にあっぱれ・はればれ以外の野菜って、たくさんあるんですよね。

ある週の注文画面で、割合を確認するために数えてみました。

【生活クラブ あっぱれ・はればれ育ち野菜の割合】
葉物野菜 → 20の野菜のうち、あっぱれが3・はればれが5
根菜 → 20の野菜のうち、あっぱれが3・はればれが4

数だけでいうと、生活クラブの野菜の過半数は「それ以外の野菜」なんです。

つまり、注文時にも届いた野菜パッケージからも、農薬の種類が分からないという野菜が
過半数はこえてる
ことになり、
これは利用している私としても、分かりやすさとして微妙だと思ってます。

生活クラブえのき・そら豆・アスパラガス
こんな感じ!

私を含めた多くの利用者さんが「生活クラブは基本いろいろ安心だから、
まぁ生活クラブから買う野菜ってだいたい安心でしょ」
という感覚で使っているのだと思いますが

  • らでぃっしゅぼーや・オイシックスほどの厳密さ・細かい表示がない
  • 「無農薬 or 削減指定農薬不使用」確約でない野菜が割合としてかなり多い

という点で、野菜については
生活クラブは上位の評価ではなくなります。

生活クラブは、一部の「あっぱれ・はればれ育ち野菜」以外
多くの野菜について、注文時にも野菜パッケージにも分かりやすい農薬表示がなく
その農薬量がどれだけ減農薬かがぱっと見で分からない

オイシックス

オイシックスは、最初にまとめてしまうと、こうなります。

  • 注文時の表示は、丁寧に細かく表示してくれているのはとても良い
  • けど、分かりにくい笑
    (でも注文時にすべて公開してくれている姿勢は丁寧さを感じる!)
  • 届いた野菜パッケージには表示がない
  • そして無農薬は意外と少ない

オイシックスは、注文画面で野菜1つ1つに4文字で農薬の種類を表示しています。

ただ、その書き方が分かりづらくて、たとえばこんな感じ!

「薬無化無」→農薬不使用・化学肥料不使用
「薬減化減」→農薬○割削・化学肥料○割削減
「水耕薬減」→水耕・農薬○割削減

4字熟語たちの間違い探しのような複雑さ(^^;)

でもたぶん、実際利用しはじめると
一つ一つこの表示をチェックする方は多くないので
問題ないのかなという気はします。
気になる人は確認できるよう、公開してくれているという姿勢は好感が持てます。

ただ、それで見逃してしまいそうになるのですが、
無農薬野菜の割合って実際どれくらいかというと・・

いわゆる無農薬野菜である、
「薬無化無」「水耕薬無」がついている野菜を
オイシックス注文画面の葉物・根菜を例に数えてみた結果、

【オイシックス 無農薬野菜の割合】
葉物野菜 → 15個/51野菜中
根菜 → 0個/39野菜中
週によって多少の前後はあると思います

私は、らでぃっしゅぼーや・生活クラブで
無農薬人参・たまねぎ・さつまいもなどを見慣れているので
根菜類で0個!というのは意外でした。

逆に葉物類って、キャベツなど無農薬が難しい野菜が多くて
減農薬がほとんどかな~というイメージがあったので、
15個も無農薬なんてこれも意外でした。

ただオイシックス、届いた野菜パッケージには農薬についての説明はありません。

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーやは、とっても分かりやすいです!

注文時にも届いたときにも
すべての野菜について、無農薬や低農薬であることが書いてあるので。

注文画面では、野菜1つ1つに
「無」とか「無~低」など、農薬レベルが一目で分かるよう表示されています。

私の注文画面だと、こんな感じ!

らでぃっしゅぼーや無農薬低農薬玉ねぎ注文画面

野菜が届いたときも、
野菜パッケージまたは、付いている紙リストで
その日に届いた野菜すべての農薬レベルが分かるようになっています。

らでぃっしゅぼーや無農薬にんじん

ここ!分かりやすいんです。

ちなみに人参・さつまいもなど根菜類は
こうしてパッケージに直接書いてあることが多くて

ほうれんそうやニラなどの葉物、トマト茄子などの果菜、きのこ類は
野菜と一緒に届く紙のリストに書いてあります。

らでぃっしゅぼーや農薬表示リスト
紙リストはこういうものです。「無」の野菜、多いですよね(*´ω`)

紙だと基本、私はいちいち確認しないんですけど ←
届いたときに入っているので、HPで公表されるよりはずっと見やすいと思ってる!

野菜注文画面にすでに「無」と書いてあり
無農薬が届くのが確約されている野菜も少しはあるのですが、

注文時に、一番多いのが「無~低」の表示の野菜です。

これはたとえば、「同じ量・同じ価格の人参を頼んだとき
無農薬人参が届くかもしれないし、低農薬人参が届くかもしれない」という意味。
(そのため、らでぃっしゅぼーやについては注文画面で実際届く
無農薬野菜の数を数えることはできません)

らでぃっしゅぼーやをずっと利用している私の感覚でいうと、
私がほぼ毎週買っている人参では、
無農薬人参が6:低農薬人参が4ぐらいの割合で届く実感です!

らでぃっしゅぼーやをずっと使っている私の感覚では、
オイシックスの注文画面で割合を見ると
無農薬野菜の割合は、オイシックスよりらでぃっしゅぼーやが多いのではと
判断しています。

(上の写真の紙リストの「無」の多さも見ていただくと分かると思います)

私の場合は冷蔵庫から出してそれを見て、
思い付きで「あ、これ無農薬人参だから、皮むかないで調理しよう♡」とか

「今週届いたこのとうもろこし無農薬か!それなら少量の水で蒸して、
蒸した汁も捨てないでスープに出汁として加えちゃおう(甘味と栄養プラス!)」とかできて、
地味にそれがとても利用しやすいって思っています。

私はこのお得な「ふぞろいバナナ」がお気に入りなのですが、
バナナだって無農薬で届けてくれるんです♡

らでぃっしゅぼーやふぞろいバナナ無農薬
皮の色が悪くても、むけばきれいな身の甘いバナナなんです!

今日、わたしが子供たちに出すバナナは、無農薬バナナだ。 どーん

みたいな・・・そういう、気持ち面での嬉しさって、けっこう大事だったりする。

さつまいもも、よく無農薬が届くので
土を落として、汚れがあればそこだけ除いて、

あとは皮ごとことこと煮たり、お味噌汁にしたり、バター塩で焼いたりして頂いています。

らでぃっしゅぼーやのさつまいもは、甘くて味が濃くて
シンプルな調味料のみでの料理が最高です!

らでぃっしゅぼーやの無農薬さつまいも紅はるか

・・・このさつまいものシンプル料理は
多めに作っても、どれも子どもたちに人気すぎて
すぐなくなっちゃうのが少し困ります(^^;)

無農薬野菜の割合でいうと、
はっきり言って、生活クラブ・オイシックスの割合と比べると
かなり優秀だと思います。
そしてただ「無農薬である」んじゃなく、土からこだわってるから美味

3社の有機野菜事情

ちなみに有機野菜ですが、3社とも・・・

  • 取り扱いはある
  • 有機野菜に関しては注文画面で明記されているので分かりやすい
  • 注文で「有機」の野菜が出てくるのは「時々」(割合でいうと2割とか)

というのが共通しています。

有機栽培を取り入れる姿勢はありつつ、有機野菜と表示できる条件の厳しさから
どの会社も、割合としては「画面をスクロールしていくと時々有機野菜が混じっている」
という割合になっているようです。

農薬の分かりやすさと、無農薬野菜の量 まとめ

ここまでを表でまとめました。

らでぃっしゅぼーや生活クラブオイシックス
注文時の
農薬表示
あり(無~低はどちらが届くかは分からない)あっぱれ・はればれのみあり 他の過半数はなしあり
無農薬野菜の多さ一番多い少ない
(ある週の平均では
約3/20程度)
生活クラブより多いようだが0~1/3以下
注文時にわかる、野菜で一番多い農薬レベル無~低の野菜
不明=無表示の野菜
(無表示だからといって
農薬が強いわけではない)
減農薬
(複数の4文字表記が10種類以上混在)
届いた
野菜の農薬表示
ありあっぱれ・はればれのみあり 他の過半数はなしなし

3社とも共通なのは、すべての野菜で無農薬が選べるわけではないこと(減農薬のみの野菜も多いので)ですね。

なので、無農薬野菜が食べたい人は、選べるものは無農薬を選び、
そうでない野菜は信頼できる(低農薬にしている)宅配が売っている野菜を買う、という使い方になります。
私もそうです。

つまりオイシックスが、注文の時点で農薬レベルが確定しているからといって、
=無農薬を選べる ってことかというと、
そこは「実際の割合」の方が大事だったりするので、

結果的に「無~低」の野菜を選んで
ある程度の割合で無農薬野菜が届くらでぃっしゅぼーやの方が、
無農薬に出会える率は高かったりします。(なので表では両方〇)

その意味でも、農薬などの安全基準の実際を知って、
納得した食材宅配サービスに決めるのが大事なんですよね。

野菜の農薬や、野菜へのこだわりを比べてみると
らでぃっしゅぼーや > 生活クラブ になる!

らでぃっしゅぼーや・オイシックス・生活クラブの
利用しやすさやデメリットを比較

ではらでぃっしゅぼーや・生活クラブの使いやすさについて比べてみます。

使いやすさというのは、送料・支払方法・届き方なども含めて、
毎週忙しいママが利用するにあたり、ストレスやデメリットはないかというリアルな部分

それぞれ9年以上利用し続けている私のレビューつきで、分かりやすく説明しますね。

ちょっと癖のある、生活クラブからお伝えします。

生活クラブ

生活クラブは、他の食材宅配サービスと違って、

はじまりは「お客様に提供する会社」でなく
「みんなで作ろう良い団体!」「みんなで集まって助け合い購入しよう」みたいな背景をもった団体なんです。

今でこそ、使用感は他の食材宅配とほとんど変わらないところまできましたが
今でも少し、名残というか
そんな「真面目な共同組合」感を感じられるところがありますね。

たとえば

★超真面目な広報誌を出版していて(原発のための取り組み・・とか)毎月100円払う必要あり

★「まち」ごとの組合員の顔合わせのようなイベントや、地域の行事への呼びかけがあり、
任意ではあるけど、私が欠席したら出席したご近所さんがうちのポストに参加記念品みたいなのを届けくれていて
気を使ったりと、私には若干心理的負担があった

★ときどき提出必須の「委任状の提出」とかある

★お問合せのメール窓口がない
(「商品が傷んでいた」などの連絡先となる電話窓口は地域ごとのセンターにあるのですが、
いわゆる全体のサポートセンター的なところがない)

言うほど大きいことではないようでいて、
それがない食材宅配があるからこそ、気になる人は気になる感じかなと思っています(^^;)

私は個人配達なので玄関先に置き配してくれていて普通に便利だし
地域のイベントには参加したことがないし
お知らせは全て紙なので別に誰かから直接お誘いがあるわけではないので、
ほとんど気にせず使っています。

送料

生活クラブは「送料」でなく、個別配送料(システム手数料)という言い方をするのですが、
これは地域ごとに違います。

私は東京ですが、こんなルールになっています。

購入額東京
加入して1年未満0円
3000円未満165円
3000円~0円

地域ごとに違うといっても、この東京の例と大きく金額が変わるところはないようで
だいたい110~275円程になります。

その他かかるお金

「その他かかるお金」として以下のものがあります。
これは、生活クラブだけで他の2社にはありません。

  • 出資金として1000円/毎月預ける(退会時に全額返金)
  • 「生活と自治」購読料100円/毎月
  • 「エッコロ助け合い制度」掛け金100円/毎月
  • まち活動費(地域ごとに違いますが私は600円)×年2回

私の場合、出資金を抜いて年3600円払っていることになりますが、
ほかの宅配より、送料は165円と安いので、大きな不満はないのですが、少しややこしいです。

使いやすさレビュー

上に書いた通り、会社のサービスを受けているというより、
みんなで助け合おう感はあるのですが
それが物理的負担になることはほぼなく、毎週愛用している私です。

3社のなかでは一番、お肉魚の価格がお求めやすくて
お惣菜やお菓子も、一番原材料表示が細かくて安心感あります。

調味料レベルで「(遺伝子組み換えでない)」ってすべて書いてあるので
原材料欄が細かい感じ(^^)

生活クラブは豚肉が特に、旨味とこくがしっかりしていて美味しいと思っているのですが、
やはりほかの組合員さんからも豚肉は人気らしいです。

カード払いが使えなくて、口座からの直接の引き落とししかできないのが
プチ不満ポイント。笑

9年以上使っていますが、普段必要な野菜・お肉などで
欠品になっていて困ったこともないし
傷んだ野菜が入っていたということもかなり稀。

毎回信頼できるものを届けてくれています。

また生活クラブは
置き配をしてくれる=わざわざ在宅して待つ必要がないのは便利です!

ただらでぃっしゅぼーやは、さすが企業サービスといいますか
保冷箱も真夏の保冷剤の量も、万全を期してしっかりしているのに対して
生活クラブは、ちょっと足りないかも(^^;)

冷凍と「卵など一部の冷蔵」だけ、ドライアイスと一緒に同じ保冷箱に詰めたら
あとは葉物野菜とかも、わりと常温でコンテナボックスにいれて
ちょっとした真夏日でも普通に置かれています。
(ここも「名残」なのか・・)

私は専業主婦で、留守にして保冷箱で受け取ることがあっても
なんだかんだ数時間後までには冷蔵庫に入れられるのですが

ワーママで、猛暑日の20:00に帰ってくるって場合なら、
どう考えても、らでぃっしゅぼーやの
「冷凍はドライアイス増量」
「冷蔵と冷凍の保冷箱は当然別々」
「きれいな保冷箱を惜しみなく何個も置いてくれる」って
スタイルの方が、個人的には安心感あると思います。

らでぃっしゅぼーやの置き配の様子 ↓

らでぃっしゅぼーやの置き配・保管箱
らでぃっしゅぼーやはこんな風に指定した場所に置いてくれます

メリット

  • 放射能・遺伝子組み換え食品や飼料・添加物・農薬についての取り組みがしっかりしている
  • 全体的に美味しい(野菜・肉・魚など)
  • 十分なラインナップで、売り切れや欠品もない
  • 3社のなかでは一番安い
  • 注文サイトも使いやすい(注文用紙での注文も可)
  • 置き配をしてくれる(在宅・対面の必要なし 自分のペースで取り込める)
  • 平日空いている主婦で、まちでのイベント・ボランティア・茶話会などで
    コミュニケーションを取りたい人、講演会などで勉強したい人にはさらに楽しいかも

デメリット

  • 諸費用が毎月少しややこしい(配送料が安いので全体で高額というほどではないにしても)
  • カード払いできない
  • お問合せの全体メール(ネット)窓口はない
  • お届け曜日や時間は選べない
  • 置き配・保冷スタイルは最低限
  • 置き配スタイルの場合、一週間箱を保管する場所が必要
  • 注文期限日が、到着日の6日間で3社のなかでは一番期間がある

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーやの送料や利用しやすさについて、説明します。

送料

らでぃっしゅぼーやは、自社便とヤマト便が選べます。

ヤマト便は日時指定できるのですが、自社便より高く、
自社便を利用する方が圧倒的に多いため、
ここでは自社便の送料をご紹介します。

ヤマト便の場合は、地域によりかなり差が出ますがこれより数百円高いイメージです。

【自社便の送料】

購入額ぱれっとやセレクトサービス利用単品注文
妊娠中~お子様3歳になるまで0円0円
4000円未満480円700円
4000円~180円300円
6000円~0円0円

ぱれっとやセレクトサービスを利用する場合とそうでない場合で金額が違います。
(セレクトサービス=自動的に買い物かごにおすすめ商品がセットされるけど、
自分で好きなものだけ残して削除もできるシステム)

私はセレクトサービスの一つ、「ふぞろいらでぃっしゅ」というお得な詰め合わせを
月1で頼んでいるため、だいたい180円か無料で済んでおり
高いと思ったことはありませんが、単品で野菜だけなど少額にすると700円と高めですね。

ファミリーで一週間分の野菜+何かを買うとだいたい4000円は超えるので、
だいたい300円以下というイメージでしょうか。

また送料が最大36ケ月無料になるベビー特典は、私も2回お世話になりました!

使いやすさレビュー

上のとおり、少し癖のある生活クラブに比べて
らでぃっしゅぼーやは、「シンプルに食材宅配サービスの歴史と技術ある会社」。

商品代と送料のみのシンプルな請求を、毎月クレジットカードでお支払いできます。

注文サイトも見やすく、
お問合せ窓口も電話・メールともにしっかりサポート体制があり
どんな疑問も、「お客様」として扱ってもらえる感じが安心!

ここまでで既に、らでぃっしゅぼーやの安全性やラインナップの良さについては
お伝えしてきましたが、

私の正直な使いやすさレビューを書くとするなら、
らでぃっしゅぼーやは、
その安心の基盤がありつつ、利用しやすさも不満なし!です。

置き配をしてくれて
在宅の必要がない・対面で受け取る必要がない
のは毎週とても楽ですし

しっかりした保冷や箱も安心で、宅配の方も親切だし、
デメリットも、本気で考えましたが、下記の3つしか出てきませんでした。

野菜の鮮度もいいし、
これまで利用してきて不信感を持つ対応をされたことも一度もないです。

商品の傷みとか不良品も滅多にないです。
(一度だけ、5本入りのはずのとうもろこしがどう見ても4本しかないので
電話したら、すぐに返金対応してくれました。証拠もないから心配でしたが・・ありがたい)

らでぃっしゅぼーやは、お肉についても「アニマルウェルフェア」の考えで
ストレスを与えないをモットーにしているし、抗生物質も予防目的では使わず、
治療で使っても国基準の2倍の休薬期間をおいてから出荷・・などしっかりしているんですよね。

お魚も天然ものが多かったり、養殖の場合は抗生物質を使用しておらず
産地も明記してあって、私はそれを見て買っています。

たまに安くなっている天然ものの切り身などを
よく狙って買っていますが、身が柔らかくて美味しいものばかりです。

メリット

  • 放射能・遺伝子組み換え食品や飼料・添加物・農薬についての取り組みがしっかりしている
  • 野菜がとても美味しい
  • 肉・魚・惣菜なども全体的においしい
  • 十分なラインナップで、売り切れや欠品もない
  • 注文サイトも使いやすい(注文用紙での注文も可)
  • 置き配をしてくれる(在宅・対面の必要なし 自分のペースで取り込める)
  • サポート体制がしっかりしている

デメリット

  • お値段が高め
  • お届け曜日や時間は選べない(ヤマト便にすれば選べる)
  • 置き配スタイルの場合、一週間箱を保管する場所が必要

オイシックスが向いているのは〇〇な家庭

オイシックスについても同じくまとめておこうと思います。

今回詳しく調べてみて、私は
オイシックスって「合う人」をけっこう選ぶ宅配サービスかなと感じました。

たとえばこんな特徴があります。

  • 人気のキットは、野菜を洗って切るところからスタートしていて
    「献立が考えられてる」ことがメリットだけど時短ではない
    (切られてない「じゃがいも丸ごと3つ」とか入ってます)
  • けっこう主要な野菜や人気のお肉で売り切れ・欠品が目につく
  • 売っているお肉の量が、どう見ても少人数向き


お肉については、他の2社では徳用800g とか余裕で売っているのですが、
オイシックスのお肉は単位が200g 台などです。

また売り切れがわりと目立ちます。
「木曜夜に一斉注文スタートで、しばらく商品の復活なし」というしくみの
影響でしょうか。

その点らでぃっしゅぼーや・生活クラブは
私の場合、よく使う食材・食べたい食材が
売り切れで買えなかったという経験はないので、
これが地味にストレスになるんじゃないかなと
私は思ってしまいました。

またラインナップは多いようでいて、
全体の商品数がそこまでは多くないのか、
あるいは欠品が多いためなのか、こんな声もありました。

結論!
私が思う「オイシックスの合う家庭」は・・・

忙しくて、でも最低限の料理時間や献立に合わせて注文する時間は確保しようと思っていて、
野菜の質は大切にしたいと思っている、大量に幅広く頼む必要のない、食べ盛りのいない少人数家族!
(あと遺伝子組み換えはあまり気にしない方)

でした。あとはお金のある大人数家族・・

有機野菜が好きな1人暮らしさんとか、共働きのご夫婦とかで
美味しい野菜やちょっと珍しい野菜を楽しみたい方ならおすすめだと思いました。

オイシックスお試しセット受け取り時のレビュー

またオイシックスは届く日時を指定でき、
これは他になかなかないメリットですが

私の場合、実際に
お試しボックスを同じ方法で受け取ったときに
自分でも意外な感想を持ちました。

それは
「日時指定して、受け取れないとクール便のまま持ち帰られてしまい
再配達対応しないといけない」のが
けっこうストレスってこと(^^;)

かえって受け取るまでソワソワ落ち着かなくなっちゃって、
あ、これ普段のらでぃっしゅぼーや・生活クラブの置き配スタイルの方が
全然ストレスなくて楽だわ
 て思ってしまったのでした。

  • 宅配の人と対面して直に受け取らなきゃいけない
  • 急な用事で外出するようなことがあってはいけない
  • ピンポンがなったら、何をしていても容赦なく立ち上がらなきゃいけない

って、けっこう気をつかうものですね・・

らでぃっしゅぼーや・生活クラブは
置き配の分、その空保冷箱たちを保管しなければならないのが
特にマンションの方にはデメリットになるのですが

今回、大きなオイシックスの空き段ボールを、
回収してくれないので自分でリサイクルにゴミ捨て場まで持っていくのも
地味に手間なんだなと私は感じました。

ちなみに私は、マンションに住んでいた頃から
らでぃっしゅぼーやを使っていますが、
食の安心と、ママ生活のなかで楽さが手に入ることを考えたら、
この箱保管のデメリットで利用を止めることはないなという感覚でした。

↑外に箱の置き場所がなくて、結局いつも奥の部屋まで箱を運んで、
新聞紙の上に置いてたのですが、それでもやめたくなかったらでぃっしゅぼーや。笑

オイシックスは、メールで問い合わせをすると
土日もすぐに丁寧な返信が頂けたので、サポート体制に好感が持てました。

もしオイシックスを検討されている方がいたら
はじめにかなりお得なお試しセットを頼んでから→お試しセットを頼んだことで付く
「このまま入会すれば〇が無料」などの色々な特典がついて
入会される流れが、一番お得だと思います。

オイシックスお試し後の特典チラシ

こんなのです!

(お試しセットはかなりお得で、その後の特典もたくさん☆)

オイシックスのお試しを頼む方はこちらから)

送料

オイシックスの定期会員の送料は、こちらです。

購入額本州北海道・四国・九州沖縄
4000円未満600円800円1400円
4000円~200円400円1000円
6000円~0円200円500円

年会費・入会費はありません。

メリット

  • 食の安全の姿勢がある・農薬は減農薬
  • 野菜にこだわりがある
  • 注文サイトも使いやすい
  • お届け日時を指定できる
  • 頼んでから到着の期間が比較的早い
  • サポート体制がしっかりしている

デメリット

  • 遺伝子組み換え食品については厳密ではない
  • ラインナップはあるが少し足りないとの声や、主要食材の売り切れがある
  • お値段は高め
  • お肉の単位は、大人数家族がフルで使うには向いていない
  • 置き配はできず、指定した日時に在宅・対面する必要あり
  • 資材の回収はないので段ボールのゴミが出る
  • 人気のキットは少人数向けで、わりと「フル料理」

食材宅配3社の価格と利用しやすさ比較・総まとめ!

最後に、3社の価格感をお伝えするために
にんじん・ブロッコリー・卵・鶏肉の実際のお値段とあわせて
比較表を載せます。

2022.6月調べ

らでぃっしゅぼーや生活クラブオイシックス
にんじん
税抜
500g 293円
※無~低 うちは無が多く届きます
500g 228円
あっぱれ育ち(無農薬)
400g 290円
※無農薬なし。減農薬人参
ブロッコリー
税抜
398円
※無~低
254円
※はればれ育ち(あっぱれはなし)
380円
※減農薬
卵10個
税抜
298円248円398円
※でも遺伝子組み換え飼料


税抜
国産若鶏モモカット済み
800g 1989円
(=200g 497円)
鶏肉モモ一口カット
300g 577円
カット済知床若鶏モモ
230g 570円
入会金
年会費など
年会費のみ1000円
(今入ると、1年間無料)
他の諸経費がややこしい
(実質年間3600円ほど)
なし
送料0~700円0~250円0~600円
カード払不可
注文締め切り
(変更期限)
5日前10:006日前11:30木曜夜注文スタート
2日前10:00~5日前10:00
届き方・
到着日の手間
曜日指定不可
(ヤマトなら可)
置き配可
しっかり保冷箱
曜日指定不可
置き配可
最低限保冷箱
曜日指定OK
置き配不可で、
対面or再配達必要
段ボール
欠品
売り切れ
ほぼなしほぼなし木曜夜に一斉注文スタートし
売り切れがけっこうある
サポート体制地域センター直通電話のみで
全体窓口・メール窓口なし

価格については、基本的に「無農薬優先&それぞれのなかで一番安いもの」をチョイスしてます。

オイシックスのブロッコリー380円は、
実際はこのとき売り切れており、実質420円のものだけ選べる状態になっていました。
ここでも売り切れ多めの影響が(^^;)

お肉は、正直らでぃっしゅぼーやより生活クラブがお得です。

なので、私は「お子さんのためなどに美味しい野菜を選びたいなら、
まず入るといいのが、らでぃっしゅぼーや」と思ってはいますが、

らでぃっしゅぼーやを初めてから併用を考えるなら、生活クラブをおすすめします。
(事実、私はそれで食費のバランスをとっています)

らでぃっしゅぼーや!利用歴9年の私のレビュー

最後に、らでぃっしゅぼーやを使ってみて、実際どう思ってる!?

送料や置き配についての使いやすさだけでない、
全体のリアルな感想を
ユーザー歴9年超え主婦の私がさいごにレビューします。

メリットは、野菜もほかの商品も美味しくて子どもも喜ぶこと!

これまでの安全基準の結論で、
らでぃっしゅぼーやは食材宅配のなかでもトップクラスで基準が安心できることが
分かり、それも間違いなく大きなメリットなのですが

私がらでぃっしゅぼーやのメリットを誰かに聞かれたとしたら、

「野菜が美味しくて、体が喜ぶ感じがすること!

あと野菜以外の魚やお惣菜やほかの商品もどれも美味しくて、子どもたちが喜ぶこと!」

と答えます。

シンプルな調味料だけで、絶品完成♡

らでぃっしゅぼーや肉厚パプリカ赤
パプリカは肉厚ジューシーで、甘い!!じっくり蒸すか、ジュっとあぶってお塩か醤油かな♡

すでに書いてきましたが、野菜の味が濃くて甘くて、
薄味でOK・・というか、むしろ濃い味付けするともったいない・・!

みたいな感覚になるんですよね(^^;)

レンコンなら、輪切りにしてフライパンでオリーブオイルで両面焼いて
塩を振って頂くレンコンステーキが美味しいし、

とうもろこしは、蒸すだけでもう。ジュルリですよ。

生活クラブのとうもろこしが「美味しい!甘い!」だったら
らでぃっしゅぼーやのとうもろこしは
「もはやスィーツ!」または「今週がんばった自分へのご褒美!」みたいな感じになります。

ご馳走です。
しかも、それでパッケージに無農薬とか書いてあるんだから最高ですよね。

我が家でも、毎年夏になると
夕食のテーブルにとうもろこしを出したとき、食べる前に夫から毎回

「このとうもろこしはどっちの(らでぃっしゅぼーや・生活クラブ)?」
って確認されるようになりました。

どうやら事前に知って心して身もだえながら食べたいようです。笑

どの野菜・果物も、鮮度ももちろんいいです!

妊娠中は私、感触も甘みもスーパーのとは違う野菜を味わえることと、
無農薬という表示が安心で、らでぃっしゅぼーやの野菜を食べるのが二重に幸せでした。

あと、らでぃっしゅぼーやの野菜を使うと、火を通して塩を振れば絶品料理になるので
料理が苦手な人にもおすすめです。

離乳食と重ね煮と、らでぃっしゅぼーやのにんじん

あと、重ね煮ってご存じですか?

野菜をお鍋の底から、きのこ→いも類→根菜類など層のように並べて、
お塩をふって少量の水でフタをしてコトコト煮るだけの料理ですが

我が家での離乳食の定番メニューでした。

らでぃっしゅぼーやの野菜や果物は、離乳食にも最高です。

離乳食って、それこそ変な調味料も使わず薄味なものだから
野菜そのものの味と質がモノを言う! そして栄養になるんですよね。

重ね煮でできた野菜の甘さと言ったらもう!

お塩だけしか使っておらず、これだけの野菜出汁の濃さと甘さを食べられることが感動だし

うちの子どもたち、この重ね煮のおかげで
離乳食期から野菜の摂取量たくさんっ子になったなぁって。

反省としては、煮る方が量(栄養)をたくさんあげられるからと、
らでぃっしゅぼーやの野菜で重ね煮やポタージュばかりで育てた結果、
レタスとかトマトとか、生野菜に慣れさせるのを怠ってしまい、
子ども二人は生野菜をあまり食べない我が家・・・。
最近らでぃっしゅぼーやのトマトやきゅうりでちょっとずつ進めてます!

もちろん、元々の好き嫌いのようなのはあって

私が妊活中かららでぃっしゅぼーやの野菜を食べまくっていた影響なのか
娘は、離乳食期からずーっと、とにかく野菜大好きですが

息子を妊娠中は、私はやたらお肉を欲して、お肉を多めに食べていました。

生まれてきた息子は、やっぱり肉魚は大好きで野菜はいつも後回し。

らでぃっしゅぼーやの野菜を使った重ね煮や
ポタージュは食べますが「

にんじんが苦手で、
かろうじて小さく細く切ったものだけ食べてくれる感じ。

それでも!

先日オイシックスのお試しセットを頼んでみたのですが、にんじんが入っていて
それをいつも通り調理してみたところ

子ども二人とも、「いつものらでぃっしゅぼーやの人参と違う!」と言い、

息子にいたっては
「ぼくはいつもの人参なら細いのはたべるけど、これは食べられない」って言って

その後はしばらく、食事ににんじんが出る度に
「これ、らでっしゅぼうやのにんじん?それともおいしっくすの?」
と尋ねてから食べ始めるようになりました(・・;)

娘もらでぃっしゅぼーやのにんじんの方が好きとのこと。

私も食べてみたところ
子どもたちの言うとおり、たしかに味が全然違いました・・!

これはオイシックスの人参が美味しくないという意味では決してなく、
慣れがあったり、単なる好みの問題で、オイシックスのにんじん派の方も
いると思うんです。

オイシックスの方はそれはそれで野菜感が感じられて
にんじんの野性味あるような味がしっかり感じられました。

こんなに、味の違いが分かるっていうのも
両方とも味がしっかりしている野菜を売っているってことなのかも。

ただらでぃっしゅぼーやを利用している友人も
「らでぃっしゅぼーやは人参が格別♡」って言っており、
私も個人的にそう思っているので、

やはり名物野菜にしているだけの、甘さとおいしさは本物だと私も思っています。

※濃いという意味で、真の人参嫌いキッズに受け入れられない可能性も全然ありますが(^^;)

私以外の口コミもいくつかご紹介!

そして、らでぃっしゅぼーやの野菜の味に特別感を持っているのは
どうやら私だけじゃないようです。

ぱれっとについて

私は人気の「ぱれっと」(おまかせの野菜つめあわせ)でなく、毎週単品注文しています。

理由はシンプルで、育児もしてるし自分の把握の範囲内の野菜・量で料理をしたいから。

子どもの好みがけっこうあるから、あまり使わない野菜が来ても困っちゃうし

野菜を使いきる量だって、その週の予定やコンディションで変わるから
「どんな野菜が届くかな♪ワクワク」みたいな余裕がまだないので取っていないだけです。

でも、ぱれっとはお得なので、もう少し落ち着いたらいいのかな~と思ってます。

「珍しい野菜が入っているから、初めて調理してみよう♡」みたいなのができるようになってから笑

でも珍しい野菜については、普通に単品注文もできるので
「いとめずらし」野菜として売ってる

私はらでぃっしゅぼーやのおかげで(余裕ある週を選んで)
栄養たっぷりで妊娠中にも良いというビーツに手を出すことができました。

いとめずらし野菜ビーツの料理投稿

一度使っちゃうと慣れるので、その後は
注文画面で発見したら注文し、家族で楽しんでます、ビーツ♡

ほかの商品も、大人も子どもも嬉しい質&味

うちでは野菜だけでなく、ソーセージ・牛乳・ヨーグルト・納豆・ベーコン・卵なども
らでぃっしゅぼーやの自社製品を中心によく食べますが、

どれも満足の美味しさです!

納豆は、そこまで納豆好きじゃない私が
「これなら人生で食べた納豆のなかで一番おいしく感じる」と思って毎週注文しています。

ソーセージは、子どもが大好きだけど私と夫もひそかに狙って攻防してたりします。

こうして、子どものいる家庭で食べるものたちも
そこまで高すぎない価格で幅広く調達できる
のが、らでぃっしゅぼーやの使いやすさの一つなんです。

なんていうか、パッとお漬物を食べたいとかふりかけを買おうとか思ったときに、
幅広くすべてそろうし、

激安じゃないけど、バカみたいに高級でもないから
気に入ったものは毎週頼んで、それが安心で美味しいから幸せ!!

みたいな、そんな使用感覚です。

私のイチオシはこの3つの優秀な「出汁」たち

チキンブイヨン野菜ブイヨン和風顆粒出汁
左に見切れてるのが徳用パック笑。3つとも好きすぎて、ぜんぶ徳用パックで買ってる私です

どれもお湯にサッと溶けるタイプの「化学調味料無添加」の厳選素材の出汁で、

こういう顆粒出汁って市販でもよく売ってますが、
らでぃっしゅぼーやのは安心で使いやすいのはもちろん、味がとにかくおいしい!

チキンブイヨンと野菜ブイヨンは、塩味もついていてお湯にとかすだけで
栄養の入った美味しいスープにもなるから、

普段はポタージュ作るときなどによく使うのですが
私は非常時用のストックとしても頼りにしています。

災害時に、水さえあれば
らでぃっしゅぼーやの作った野菜ブイヨンでのスープが飲めるって
心と体に心強くないですか??

和風だしはかつおの香りがふんわりして(もちろん天然の香り)
まろやかなお味噌汁ができあがります。

ちなみにですね
うちの夫、良いパパだけど
料理だけは何年も拒否してたんです。 ←嫌でしたッ

最近よーうやく腕を上げてくれまして。
今では、この和風だしとらでぃっしゅぼーやの野菜を使ったお味噌汁が
絶品で私の大好物!!

まろやかで、めっちゃ美味しいホッとするお味噌汁。

野菜の火を通すのと味噌加減さえマスターしてくれれば
あとは食材の力・・・
つまり・・そういうこと!!

家族中でらでぃっしゅぼーやの野菜と日常の食品・調味料を愛用している我が家です。

まとめ らでぃっしゅぼーやを始めるなら

以上、だいぶ長くなってしまいましたが、
安全基準のお話から、らでぃっしゅぼーやの使用レビューまで色々と説明させていただきました。

本気で調べてみたら、らでぃっしゅぼーやの安全基準がこんなにすごかったんだよ!
という話をお伝えしたかったのと、

せっかくブログをやっているので
「らでぃっしゅぼーやの野菜の美味しさや使いやすさのレビューを書こう」
って思っただけなのに、なんだか大作になってしまいました(^^;)

そういうわけで、らでぃっしゅぼーやがピッタリなのは

♡ 農薬・放射能や遺伝子組み換え、添加物などをなるべく避けた「食の安心」に関心が高いママ
♡ 妊活中・妊娠中や離乳食、幼児食なども含めて、家族で美味しい野菜を食べたい方
♡ 忙しいママの生活のなかで、買い物の手間を減らしたい方

なんです(*^-^*)

私自身がまさにそういうママだったので
妊活中にらでぃっしゅぼーやをはじめ、

幼児食がとっくに終わった今でも毎週、
安心で美味しい食事を求めて注文しつづけています。

正直、スーパーで買うよりは高いです。
らでぃっしゅぼーやで本能のままに注文しまくると(美味しそうだからね(^^;))
家庭によっては(うちみたいな「食費抑えたい家」だと)
食費、きついことがあります。

でも食の安全をどうしても捨てたくないのと、野菜が美味しいのとで
らでぃっしゅぼーやをやめるという選択肢が私にはなくて、
生活クラブと、少しだけ東都生協を上手く利用しながら
買い物ゼロ生活を送っている私です。

これかららでぃっしゅぼーやを始める方は
まずは野菜中心にらでぃっしゅぼーやを使ってみて、残りをパルシステムなどにしてみるとか
もいいかもしれませんし、
私のように生活クラブと併用して、お肉と野菜の一部はそちらで調達して
野菜・納豆卵豆腐などの毎週買うものは
らでぃっしゅぼーやのお気に入りの商品を登録して楽しむなど、選択肢は色々。

数ある食材宅配のなかで
美味しい野菜の味と、子どもたちもそれを喜んでパクパク目の前で食べてくれる毎日を
体験できるのは、私はらでぃっしゅぼーやだと思っています。

ありきたりな言葉だけど・・美味しいって、やっぱり幸せです。

らでぃっしゅぼーやの場合、入会特典として今だけ
(といっても入会金はないので登録するだけですが)

  • 年会費1年分(1100円税込)が無料
  • 2000円分のポイントがもらえる
  • 初回8週間送料無料(4000円以上の注文の場合)←私はいつも4000円こえちゃいます

って期間になっているそうなので、今のうちが特におすすめです。

「スタートコース」だと
らでぃっしゅぼーやの野菜をしっかり楽しめるのと、
お買物券でお得に買えるので良いと思います。
(既に会員になっている私はそのお値段(3300円か3700円)では買えないのですが・・)

スタートコースの内容はこんな感じ!

  • おまかせ野菜7種・10種(これ、選べます!)
  • おまかせ果物約2種
  • 平飼いたまご10個
  • その他おすすめ食材(牛乳、お肉、お豆腐など)

おまかせ野菜は7種が実質3300円、10種が実質3700円で
とりあえず7種を頼んでみるのもありだし、

400円しか違わないならどうせならってことで、10種を選んで
その週のあなたの食卓を
ALLらでぃっしゅぼーやの野菜にするのもありです(*´ω`*)

らでぃっしゅぼーや、注文回数とか注文金額のしばりがないのが
使いやすい理由の一つだと私は思っています。

休みたい週があればマイページか電話で気軽にお休みできるのが気楽なんですよね。
電話もつながらないってことがなくてスムーズで助かる!!

メリットに書き忘れてしまってましたが、
ライフスタイルに合わせて気軽に調整可能な感じです。

退会する場合も、「〇ケ月は続けなければいけない」なんて契約もないし
解約費はゼロで、電話1本で完了します。

ぱれっとっの場合、内容やコースを変更するのは
解約してからまた登録、など少し手間なのですが、

どうやらこのスタートコースではじめると、
お届け内容は、申し込み後にマイページにて自由に変更することも可能だそうで、
それって初心者さんには特に使いやすいと思います。

最初だけスタートコースでとってみて
完全に単品注文にしたくなったら、さっさと変更しちゃえばいいのでは?
というのが私のおすすめ(*´ω`)

\今なら2000円分のポイントがもらえる&年会費1年無料/

【スタートコースが選べる公式ページはこちら】

送料8週間無料は大きいですよね。
しかもこれ、自社便だけでなく日時指定できるヤマト便をつかっても
適用されるらしいです。

妊娠中~産後ママやお子様3歳未満の方は、
8週間どころか、かなりお得で

ベビー特典で最大36ケ月送料無料になります!
できるだけ早く申し込んだ方が損しません。

・・・ちなみに、

私はこのことを知るのが遅れて、産後数か月してからベビー特典申請したので
少し期間が短くなっちゃって悔しかった思い出!笑 

「3年間、どんなに小さな買い物でも送料かからない」ってかなり大きいのでね(^^;)

以上、ただの心配性&食の安全と家族の健康を大事にしている私の、

食材宅配サービスの調査とレビューをここまでとします☆

長い文書を読んでいただき、
本当にありがとうございました。

もしよかったら、あなたも
無農薬・低農薬野菜の幸せ×買い出しゼロ生活を手に入れてみてください(*^^*)

一番基準がしっかりして野菜がおいしい食材宅配サービスはどこ?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2019秋から都内で三菱地所ホームの家に住む、6歳娘3歳息子の母です

ブログの主な内容
☆三菱地所ホームの家(全館空調エアロテック)について
☆注文住宅のアレコレ(設備面などリフォームのご参考にも)
☆暮らしづくりの話(小さい子どもがいる主婦目線だったり、インテリアなども)

コメント

コメントする

目次
閉じる